本 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > カテゴリー - 本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

<岳>映画化された人気マンガが完結へ

映画化もされた人気漫画作品「岳」。
いよいよ雑誌での連載のほうは、最終回だそうです。

これだけ読み応えのある作品、かつ過去にあまり類似作品がない作品でしたから、終わるのは残念ですね。

最近、山での事故、準備不足や知識不足のかたのニュースが度々テレビで流れますが、この作品は、山の素晴らしさ、怖さ厳しさ、両面を教えてくれる作品なので、これから登山をしようという人はぜひ読んでもらいたいです。

主人公の三歩のあたたかさ、懐の深さも、また山のよう。

読んだ後、すがすがしい気持ちになったり、考えさせられたりする名作。

最終回が今から楽しみです^^

<岳>映画化された人気マンガが完結へ 最終話まであと1話
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120519-00000000-mantan-ent
(まんたんウェブ yahooニュースより)
俳優の小栗旬さんと女優の長澤まさみさんの共演で映画化もされた石塚真一さんの人気マンガ「岳 みんなの山」が、6月5日発売の「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で最終回を迎えることが、19日発売の同誌で明らかになった。最終話まであと1話で、第158話で完結する。(以下略)
スポンサーサイト
[ 2012/05/19 18:28 ] | TB(0) | CM(0)

<ONE PIECE>61巻が初版380万部 日本記録更新

今日発売の尾田栄一郎さんのマンガ「ONE PIECE(ワンピース)」のコミックス61巻の初版発行部数が380万部に達し、初版発行部数の日本記録を6巻連続で更新したとのニュースが。すごい記録ですね^^
おめでとうございます。

<ONE PIECE>61巻が初版380万部 前巻から40万部増で6度目の日本記録更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000008-mantan-ent
(yahooニュースより)

初版発行部数の日本記録を6巻連続で更新しとのことなので、もう恒例行事のようになってしまっていますが、60巻のときからも40万部増えているところもすごいですよね。
ちょっと今までの漫画をはかるものさしでは判断できないレベルに到達していますよね。

しかも尻上がりなところもすごいです。

かつて、ドラゴンボールが人気だったときも、人気のピークって尻上がりに上がっていく感じではなかったですよね。孫悟空が子供時代が一番良かったという読者も多かったですし。

その点、ワンピースはいまだ人気が上がっていっている過程にあると思うので、そこがすごいです。

コンテンツとしてこれだけ多くの人に読まれる作品ですから、尾田さんにはこのまま健康でいてもらい、尻すぼみにならないよう、続けてもらいたいですね^^



[ 2011/02/04 15:58 ] | TB(0) | CM(0)

ワンピース」作者の年収20億円? これは高いのか安すぎるのか

超人気漫画「ワンピース(ONE PIECE)」の作者・尾田栄一郎さんの年収が20億円だとのニュースが。
コミックの印税だけで13億円弱ですから、20億円というのは、いいところじゃないでしょうか。
多いか、少ないか、という議題のニュースですが、記録的、爆発的に売れているという意味では、もう飛びぬけた存在なので、マンガ家の頂点としての数字としては、妥当な水準なのかなとは思います。

日本の超人気スポーツ選手、10年に1人の選手で、かつ稼げるスポーツ、石川遼くんや松坂投手で、年俸CMいれて・・という水準と比較すると、このぐらいかなと。

実際にマンガ家を志す人からすると、もう単位が遠すぎてピンと来ないかもしれないですしね。

SMAPSMAPで、ワンピース王とかやっているのをみると、裾野が広い作品だなーと思いますが、連載当初ここまでの作品になるとは思いませんでした。

確かにいい場面、いいセリフ、いいキャラ、結構ありますけど、普段わりとドタバタですからね。

そういう私もゴーイングメリー号の最後とか、何度か泣いたシーンはありますけども(笑)

「ワンピース」作者の年収20億円? これは高いのか安すぎるのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000003-jct-ent
[ 2010/12/25 10:17 ] | TB(0) | CM(0)

水嶋ヒロ KAGEROU 読んでみました。

水嶋ヒロさんの KAGEROU、早速読んでみました。
なるほど、読みやすく、まったくの素人とは思えないとは感じました。
ただ、正直、何かの賞をとったり、10万部以上売れる小説だとは思えませんでした。

作品の中につらぬかれているメッセージも、最後の終わり方も、矛盾があって深く感動できませんでしたし、最後まで、グイグイとひきつけられ、一気にひきこむような展開力もありません。

終わり方はネタばれになってしまうので詳しくかけませんが、小説の主題となるテーマが2つ意見がわかれています。読後、皆様の感想を読んだところ。
それも狙ってそう書いたというよりは、どちらも矛盾が出てしまい、どちらともとれない良さ、みたいなものもない、という状況。読後感、あまりよくないですよね・・・

俳優さんが書いた、と言われれば、趣味の小説、一般の人より良くかけていると思いますし、私自身が、この作品以上の小説を書ける自信もありません。

きっと審査員もそう感じたんだと思います。

もしも、本当に審査員、出版社が自信があれば、発売後、世の反響がある程度でるまでシークレットにしたのではないでしょうか。

ある程度話題になって、その才能に世の中の注目が集まった頃、実は水嶋ヒロさんでした、と発表することのインパクト、かっこよさ、といったら最高ですから。

その出版社の見識、名前を隠した志、すべてがプラスにはたらいたでしょう。

そこまでの作品ではない、と出す側も見切っていたところに、この作品の限界がみえるんだと思います。

ただ、この作品が世に出た1作目ですから、今後水嶋さんには、今まで芸能界で活躍されただけの努力、才能を生かし、今後も小説の世界で努力を重ねれば、次回作はもっと良くなるんだと思います。

この後の活躍を期待するとともに、今回の作品には、正直に残念賞を渡したいと思います。

設定はそれほど悪くなかったと思います。
ただ、情景とか、人物の描写表現には、明らかに違和感を感じる表現がまざっており、あのあたりは編集者とのやりとりでなんとかならなかったのでしょうか・・・



水嶋ヒロ「書いてよかった」…追加注文殺到!KAGEROUパニック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000024-sph-ent
[ 2010/12/16 23:01 ] | TB(0) | CM(0)

鋼の錬金術師 最終巻

ふらっとコンビニに立ち寄ったら、鋼の錬金術師の最終巻、27巻が発売になってました。
ガンガンは読んでいない雑誌だったのですが、この作品だけは立ち読みして見続けていました。

等価交換、という意味が作品の最初のほうから、何度か重い意味を持つ言葉として出てきましたが、他にも、言葉、セリフがなかなか子供向け雑誌での連載作品とは思えないほど、深い漫画です。

27巻まで、無駄な展開もあまりなく、作者の言いたいことが、あちこちにちりばめられ、すっきりした結末に向け展開する、完成度の高い漫画です。

ONE PIECEもいいですけど、鋼の錬金術師の完結も、もう少し世の中の話題になってもいいような気がします。

雑誌上で最終回を迎えたときに、ネットニュースでちょこっと見ましたが、世間の話題になったほどではありません。

もう少し、こういう作品が世の中で評価を受けてもいいと思うんですよね。

実際私は、大真面目に、村上さんの小説1Q84より、鋼の錬金術師のほうが作品として優れていると思っています。

まだ読んでいない人は、ぜひ。


[ 2010/11/22 20:07 ] | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。