エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > アーカイブ - 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

松っちゃん負ける訳ない…「2ちゃん」&出川がエール

松村さん、いいモノマネしますよねー。
なんていうか、もちろん人の特徴を強調してやるわけですから、ある程度失礼な内容になってしまいがちなのですが、松村さんのモノマネって、相手への愛と尊敬があふれている気がするんですよね。

もちろん、ぱっと見は相手をバカにしたような協調の仕方をしているときもあるんですけど、松村さんの人柄なのか、憎めないでしょうね、マネされているほうも。

経過観察中とのことですが、一時期の危機は脱した様子。
無事回復されることをお祈りしています^^

マラソンは難しいですよね。
今回は東京でしたけど、海外でのマラソンなんて、時差があったり、長時間の移動で疲れていたり、コンディションが万全でないなか走ったりするわけですし。

私も時々ジョギングとして30分程度は走ったりしますが、マラソンへの参加となると考えちゃいますね。
ちゃんと普段から鍛えている人はいいんでしょうけど、そうでなければ結構体に負担かかりそうですしね・・・

松っちゃん負ける訳ない…「2ちゃん」&出川がエール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090327-00000016-ykf-ent
 22日の東京マラソンで急性心筋梗塞による心室細動で倒れ、都内の病院に入院中のお笑いタレント、松村邦洋(41)。最新の病状が26日夜、所属事務所から発表されたが、「経過は良好で、現在では意識もはっきりしている」といい、危険な局面からは脱したようだ。

 事務所の説明では、松村はカテーテル治療を受け、一時的に沈静処置を施された。「生命の危機と言える状況」だったが担当医によると、現在までのところ合併症もなく、良好な状態という。ただ、「まだ急性期にあたる」ため、今後も経過を見る必要があり、体に負担がかからない安静状態が必要で見舞いは断っている。ICU(集中治療室)からは移動した。

 松村の病状をめぐっては、常日頃は手厳しい書き込みがあふれるインターネット巨大掲示板「2ちゃんねる」にも話題を取り上げるスレッド(1000件単位の投稿集)が多数出現。「あまり無理せずにゆっくり静養して」「ゆっくり休んで復帰して、またものまねで笑わせて」など、松村をいたわる書き込みが相次いでいる。野球好きの松村を思い「WBC観たかっただろうな」という書き込みもあった。

 また、松村の親友でお笑い仲間の出川哲朗(45)が自身のブログで「松っちゃんが負ける訳ない」とエールを送ったことにも敏感に反応。松村を番組の企画で走らせたTOKYO MXに説明責任を求める書き込みも増えている。

 事務所では「励ましのメッセージは、可能な限り松村邦洋本人に伝えさせていただきました」とコメント。病床の松村を勇気づけそうだ。
スポンサーサイト
[ 2009/03/27 22:39 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

あいのり最終回の感想

あいのりの最終回の感想

9年半楽しみに見てきた番組が終わりました。
こんなに長い間、見続けた番組は他にありません。
それなのにこんな中途半端な終わり方、怒りを通り越して悲しくて仕方ありません。
なんとかならないんですかねーフジテレビさん。

「いまどきの若者」という表現が良くされますが、この番組を見ると、恋に真剣に悩み、友情をはぐくみ、嫉妬し、勇気を振り絞り、成長していく様子が垣間見れて、いつの時代も本質は変わらないという部分が見えて嬉しくなります。

もちろん変な番組の意図や悪意のある編集が垣間見えることもありますが、それを補って余りあるものがこの番組にはありました。

言い方はちょっと悪いですが、世界の他の国のこと、そして他の国からみた日本、普段そういうことをあまり考えない人もこの番組の視聴者には多く、そういう若い人たちに考える機会を与えるという意味でも貴重な番組でした。

その終了が残念でなりません。

最後の放送は1組のカップルと、2組の失恋で終わりました。

せめて残りの4人のメンバーに番組終了の説明するところまで続けてほしかったです。

こういう視聴者をバカにした終わり方をすると決めたテレビ局に怒りがわいてきます・・・
[ 2009/03/24 00:47 ] バラエティ | TB(0) | CM(0)

ワルキューレ 映画の感想

ワルキューレの感想

サスペンスでありながら、結末はわかっている映画というわけで、普段の最後どうなるんだろうというドキドキ感は当然ながらありません。
また、史実がもとなので無駄に名前のある登場人物が多く、その紹介に時間を使わざるを得ないというハンデもあります。

ただ、おもしろくなかったかというと、それほどでもありません。

トムクルーズがどうかということは別として、作戦が開始されてからの展開、ちょっとした偶然で失敗していく様子、飽きずに見ることはできました。

ただもう一度見たい映画かというと・・・

家族のところは、もう少し何かあると思ったのですが、その後の・・・のエピソードのところで簡単に触れられただけでしたね。

悪くないけども、あと1歩何かが足りない映画、といったところでしょうか。

<スタッフ>
監督・製作: ブライアン・シンガー
製作: ギルバート・アドラー
製作総指揮: クリス・リー / ケン・カミンズ / ダニエル・M・スナイダー
  / ドワイト・C・シャール / マーク・シャピロ
脚本・製作: クリストファー・マッカリー
脚本: ネイサン・アレクサンダー
編集・音楽: ジョン・オットマン

<キャスト>
トム・クルーズ
ケネス・ブラナー
ビル・ナイ
トム・ウィルキンソン
カリス・ファン・ハウテン
トーマス・クレッチマン
テレンス・スタンプ
エディ・イザード
ジェイミー・パーカー
クリスチャン・ベルケル
デヴィッド・バンバー

[ 2009/03/22 18:44 ] 映画 | TB(46) | CM(0)

ラブシャッフル 第10話の感想

TBSドラマ ラブシャッフル 第10話の感想

いよいよ最終回。

全部のカップルに決着がつきましたね。

一番くっつきそうにはなかった玲子(小島聖)さんと正人(谷原章介)ですら、お互い欠けていた部分を補いあう、いい友人のようなパートナーになっていきそうな雰囲気で終わりましたし。

芽衣(貫地谷しほり)もDAIGOと披露宴。
まあこのあたりは、ドタバタドラマな感じで恋愛としてどう、とかいう展開ではなかったですけども。

海里(吉高由里子)と旺次郎(松田翔太)も、無事ハッピーエンド。
まあいい組み合わせでしょう。
おーちゃんかっこよかったですねえ今週も。

愛瑠(香里奈)は、期待どおり啓(玉木宏)と。
まあここがくっつかないと、このドラマ終われませんからね。

なんというか、途中からまあ息もピッタリで、あれだけお互い好きあっているのをにおわせておいて、最後くっつけないわけにはいかないですよね(笑)

全10回のラブシャッフル、見終わってみると、あっという間でしたねえ。

4月からのドラマは何を見ましょうかね・・・
[ 2009/03/21 20:31 ] ドラマ | TB(16) | CM(0)

陣内、DV完全否定 紀香との離婚報道でコメント

離婚報道、まだ紀香さん本人からのコメントがないのではっきりはわかりませんが、どうなんでしょうね。

少なくとも、陣内にいろいろ女性関係があって、その中で紀香さんにとってガマンができないことがあった、ということのようには見えますが、はたして・・・

でも女性関係といっても、陣内君はお笑い芸人ですからねえ。
最初からその程度のことはわかっていたと思いますから、よほどのなにかがあったのか・・・

いずれにせよ、いきなりでビックリでした。

ここは別れないで続きそうな気がしたんですけどもねえ・・・

まだわかりませんけども。

でもこういうとき、事務所とか周囲が本人より先にコメントするってどうなんですかね。

あんまりいいことだとは思いませんけども。

陣内、DV完全否定 紀香との離婚報道でコメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090320-00000504-san-ent
妻で女優の藤原紀香(37)との破局が報じられたお笑い芸人の陣内智則(35)が19日、事務所を通じてコメントを発表。「僕のだらしなさが原因でこのような報道になりました。紀香さんには悪いところは全くございません。悪いのは全て僕です」と心境を吐露した。

 「原因がDVにあった」とする一部報道について「全くそのようなことはございません」と全面否定。「僕たちは現在、お互いのために前向きに話し合い、修復を目指していた段階でした。そのためにも二人で相談し離婚届の準備をしていたのも確かです。また生活もお互いの関係の修復のために距離をおいている状態です」と説明。現在別居状態にあることを認めた。

 今後については「二人で相談したい」とコメントしたが、同日、紀香の事務所が離婚を認めていることから、亀裂の入った夫婦関係の修復は難しいとみられている。紀香は日本赤十字社広報特使として18日からアフリカ・ナイロビを訪問中で、離婚届の提出が帰国後にどうなるかに注目が集まっている。

 2人は06年7月の日本テレ系ドラマ「59番目のプロポーズ」での共演から親しくなり、同年12月26日に結婚を発表。翌年2月17日、神戸市中央区の生田神社にて挙式。4月10日に婚姻届を提出し、5月30日のホテルオークラ神戸での豪華披露宴はテレビで放送され、高視聴率を記録した。


[ 2009/03/20 10:00 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想

80代の老人の見た目で生まれ、どんどん見た目が若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット )の生涯を描くヒューマンドラマです。
設定もすごいですが、映像もすごいです。

若いブラッド・ピットとケイト・ブランシェットの姿は感動ものです。

美しすぎる!

メインのストーリーは結構悲しかったりもします。

ちょっとしたすれ違いもあれば、大きな(年齢的な)すれ違いもあり、決してずっと一緒にはいられない2人。
ブラピが愛する妻、子どもと別れる決意をして、出ていくところは泣けました。

2時間47分という長い映画でしたが、まったく長さは感じません。

船に乗って働くようになったり、2人での楽しい生活等、テンポ良く状況も変わっていきましたし。

見終わった後、幸せな気持ちになる映画ではないですが、いろいろ考えさせられ、ジワジワくる映画でした。

スタッフ
監督: デヴィッド・フィンチャー
製作: フランク・マーシャル / キャスリーン・ケネディ / セアン・チャフィン
原作: F・スコット・フィッツジェラルド
脚本: エリック・ロス

キャスト
ブラッド・ピット
ケイト・ブランシェット
ティルダ・スウィントン
タラジ・P・ヘンソン
イライアス・コティーズ
ジェイソン・フレミング
ジュリア・オーモンド
エル・ファニング
ジャレッド・ハリス
[ 2009/03/15 11:27 ] 映画 | TB(71) | CM(2)

ラブシャッフル 第9話の感想

TBSドラマ ラブシャッフル 第9話の感想

先週の放送から、正人(谷原章介)のキャラが悪者になっていて、「まさか海里(吉高由里子)を殺したのか」と思いハラハラもさせられましたが、最後まで大人の男でしたねえ。

最近の悪役ぶりから、王様のブランチですら谷原章介が悪い人に見えていたのが、また元に戻りそうです(笑)

しかしとなると、先日のOちゃんへのチューは、まあこのぐらいはいいよな、ということなのでしょうか・・・

芽衣(貫地谷しほり)の言動には、今週もイライラしました。嫌ですよねーこういう女。

愛瑠(香里奈)、啓(玉木宏)、さっさとくっついてスッキリさせてください。

来週の予告を見る限り、すんなりはいかず、まだバタバタしそうですが、この2人ピッタリですからねえ。
芽衣が気づいて身を引くパターンですかねえ。

来週の最終回、楽しみにしています。

[ 2009/03/13 23:10 ] ドラマ | TB(14) | CM(0)

世界一周挑戦の間寛平さん、ヨットで太平洋横断に成功

無事太平洋横断に成功して良かったですよね^^

2か月あのヨット上で生活するというのも、なかなか想像しがたいですが、大変ですよね。

今回出発するときに、相当日本テレビがプッシュしてましたし、商業主義的な面が見えるかなーともちょっと思いましたが、あの年齢の方が、ああいうチャレンジをすることは、純粋に応援できます^^

帰国が2011年春ごろとのことで、まだまだ長旅ですが、体を壊さずに、無事に家族のもとへ帰れるよう期待しています。

自分があの年代になったときに、チャレンジ精神がある人でありたいと、私も願っています。

しかしいくら元マネージャーとは言え、赤の他人とずっと2人って、きつそうですけどもね(笑)

世界一周挑戦の間寛平さん、ヨットで太平洋横断に成功
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090311-00000367-yom-ent
【ロサンゼルス=飯田達人】マラソンとヨットで世界一周に挑戦しているタレントの間寛平さん(59)が10日午後(日本時間11日午前)、ヨットでの太平洋横断に成功し、ロサンゼルス近郊のロングビーチ港に到着した。

 元日に元マネジャーと共に千葉県の港を出航してから2か月余り。一番つらかったのは、「波がなくて、ヨットが動かなかった時」だったという。船が割れそうなほど強い波の時もあったが、「意外に(ヨットは)こけないものですね」。真っ黒に日焼けした間さんは、足取りもしっかりし、持ち前のギャグも飛び出すほど舌も滑らかだった。

 3日間ほど休んだ後、次は約4か月半かけて米国を横断。さらに、ヨットで大西洋を渡った後、1年以上かけてユーラシア大陸を横断し、2011年春ごろに日本に戻る計画だ。


[ 2009/03/12 00:30 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

チェンジリング

映画チェンジリング見てきました。

クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、さながら重いドキュメンタリーを見ているようです。

特に今回は実際にあった話をもとにして作られているだけに、その重さがより伝わってきます。

途中で、「こんなこと実際あったのか、ヒドイな・・・」と思わずにはいられません。

ちょっとしたことが違っていたら、こんなはずではなかったのに・・・
と思いながら息子を探す母親。

その意思を貫き行動する母親役のアンジェリーナージョリーも好演してます。

原題のChangeringってどんな意味の単語なのかなーと思って辞書で見たら
名 1. すり替えられた子、取替えっ子 2. 小さくて醜い人、低能{ていのう}
でした。

この映画の場合は1の取替えっ子 でしょうけども、辞書を見てなるほどと思いました。

どうもタイトルとストーリーがつながらないと当初思ったのもので。
[ 2009/03/09 02:21 ] 映画 | TB(61) | CM(3)

加護ちゃんトラブル…不倫で訴えられた

しかしいろいろトラブルが続きますね、加護ちゃんも(笑)

まさか映画「弁天通りの人々」の宣伝のための話題づくりではないですよね?

いくらなんでもここまではしないですよね・・・

さて、これ元奥さんのA子さん。
加護ちゃんの「本命の彼に申し訳ない」という発言が一番腹が立ったのでしょうかね。
女心は複雑ですね・・・

そして相手の実母霊能力者・下ヨシ子氏。

こういうのは登場人物が多いほど、話題が延焼しますよね(笑)

でもこの方って、著名人なんでしょうか?
映画撮れるほど出資できるほどの人なのですよね。
私は全然知りませんでした。

加護ちゃんトラブル…不倫で訴えられた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090307-00000007-dal-ent
加護ちゃん、またトラブル-元モーニング娘。加護亜依(21)が霊能力者・下ヨシ子氏(56)の長男で俳優の水元秀二郎(33)の元妻から慰謝料などを求める訴えを起こされていたことが6日、分かった。元妻・A子さんは今年1月8日に水元と離婚、加護との不倫騒動が引き金だとしている。水元の実母である下氏も2人に対し激怒しており、事態は泥沼化の様相だ。
 加護と水元の不倫騒動が報じられたのは今年1月。元妻は「籍を抜くことで、不倫と騒ぎ立てられなければ」と、先回りする形で1月8日に離婚に踏み切っていた。
 だが、関係者によればA子さんは離婚後に水元と加護が年末年始を一緒に過ごしていたことや、東京のマンションに加護が出入りしていたことを知るに至って衝撃を受けたという。さらに、加護が女性誌の取材に「本命の彼に申し訳ない」などと発言したことも侮辱的に感じたようだ。
 このためA子さんは今月3日、水元、加護2人に慰謝料などを求める訴えを熊本家庭裁判所に起こした。
 また、今回の騒動では水元の実母・下氏も元嫁・A子さんの心情を気遣った。関係者によれば、下氏は加護がブログで「相談しようとしたけど、下先生に時間がなく、水元さんに面倒を見てもらっていた」と記したことに激怒。下氏は「相談者を“ほかに振る”ことは絶対にしない」「見過ごせない」と怒り心頭で、水元と加護への不信感でいっぱいのよう。現在、実母とも話せない状態という水元は「(慰謝料などは)がんばって働いて返すしかない」と周囲に語っている。
 下氏が出資し、加護と水元が共演している映画「弁天通りの人々」は4月後半に横浜で公開予定だが、提訴を受けて初日舞台あいさつなどは混乱することは必至だ。
[ 2009/03/07 23:49 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

ラブシャッフル 第8話の感想

TBSドラマ ラブシャッフル 第8話の感想

今日の海里(吉高由里子)まわりはいろいろありましたね。

旺次郎(松田翔太)のかっこいいプロポーズ。

正人(谷原章介)からの怖い追い込み?


そして今週は珍しく諭吉(DAIGO)くんも頑張りました。

放送の終わりのほうで芽衣(貫地谷しほり)を呼び止め、抱きしめます。そして・・・

今週のウサもキメの場面がありましたね。

そんな奴に会うなよ。と言って愛瑠(香里奈)を抱きしめる啓(玉木宏)

いやー なんかだんだん最後くっつく組み合わせはこうなのかなーという雰囲気にはなってきましたが、正人のとこがね、どうなることやら・・・・






[ 2009/03/06 23:59 ] ドラマ | TB(13) | CM(0)

冨永愛、離婚報道を公式ブログで“否定”

これどうなんでしょうねえ。言い方は悪いですけど冨永愛さんクラスの芸能人を本当にまったくない話なのにでっちあげたりしますかねえ。
もっと売れっ子だったり、話題の人だったらわかるんですけども。

特にPRがあるわけでもなさそうなので、事務所が仕掛けたとかもなさそうですし。

真相はわかりませんが、男女の仲ってわかりませんよね。

しかし自分の彼女・奥さんがパーティにバニーガールのかっこで参加したら、怒る男性世に結構いるとは思いますけどもね。私も嫌です。

収入格差、今は男女平等も進み、別に女性の収入が多かろうが、まったく問題ないし、それですれ違うってよくわからないんですけどもね。
男性がひくつになって皮肉を言う、とかぐらいまでなら理解できますけども。

はてさて・・・

冨永愛、離婚報道を公式ブログで“否定”
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/227918/
 3日発売の写真誌「フラッシュ」で、極秘離婚を報じられたモデルの冨永愛(26)が、同日付の公式ブログで、報道内容を“否定”した。冨永は2004年にパリ在住の日本人パティシエと結婚し、05年には第1子となる長男を出産。同誌は、夫との収入格差によるすれ違いや、バニーガール風の衣装でパーティーに参加した冨永に対し、夫が激怒し土下座を強要したと報道。これに対し、冨永は「私としても困惑しています。特にそういう事実もありませんので、ご心配なさらないでください」などと心境を綴っている。


[ 2009/03/04 20:52 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

新EXILEネット“大炎上”…初心忘れて結局「金」

確かに唐突でビックリしましたが、ネットで大炎上するとは思いませんでした。
実際どうなんでしょうね。人気があるうちに、解散というわけではなく、「合流」でかつ人数の規模が倍増というのはあまり前例がないことだと思うので。

新たなチャレンジに見えますが、非難されている「金」の部分って実際それほどメリットがあるように思えないのですけどもね。

一応JSBも形になってきた時期であり、かつまだEXILEの人気がそれほど衰えていない時期、ということで、合流によって、収益機会が減ることはあっても増えるようには思わないのですが。

CDの売上は、別に1+1=2や3になるわけではないですから。

そういう意味では、単純にそれぞれのグループでやっていくことの限界みたいなものが近かったのか、あるいは14人でしかできないパフォーマンスの企画が魅力的なのか。

いずれにせよ、ファン心理の扱いって難しいのだなーと今回の炎上で痛感しました。

まだ14人のパフォーマンスも見てない段階ですから、新規に出る曲なりパフォーマンスがグダグダでまったく魅力のなくなったものだったら、そこで初めて非難されるものだと思うんですけどもね・・・

ずっと応援していたファンにとっては違うのでしょう。

好きだった以前と違う姿になることが許せないのでしょうね。

難しいです・・・

新EXILEネット“大炎上”…初心忘れて結局「金」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000012-ykf-ent
 人気絶頂のボーカル&ダンスユニット「EXILE」が“兄弟分”だった「J Soul Brothers(JSB)」のメンバー7人を加えた計14人で再出発した。賛否両論は覚悟の上での賭けだが、インターネット上では所属レコード会社の社長ブログがファンの批判で大炎上する騒ぎになっている。

 EXILEは1日に東京・帝国ホテルで、メンバーの増強を発表。続いて2日は東京国際フォーラムで開かれた「第23回日本ゴールドディスク大賞」の授賞式に出席し、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門を受賞した。昨年発売したCD、配信の推定売上高は198億800万円を記録。昨年のエンターテインメント業界での“独り勝ち”が改めて証明された。

 リーダーのHIRO(39)は、「この賞に恥じない最高のエンターテインメントをお見せして、ファンの皆さまへ必ず恩返しをします」と、14人でのさらなる挑戦を誓ったが、まだ簡単には納得していないファンもいるようだ。

 所属レコード会社、エイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長(44)のブログには、EXILEの新体制に関する書き込みが殺到。上限の3000件を超え、新規コメントができない“大炎上”状態となっている。その大半は、批判や戸惑いだ。

 ≪はっきり言って最低です。(中略)ファンのことなんて考えてません。今日ショックで学校休んでしまったり、保健室にいる子どももいる≫

 2日午後、書き込まれた3000件目のコメントだ。EXILEに合流したJSBへの同情も多く、≪どれだけのファンを悲しませるのですか? 何よりもJSBが可哀想で涙が止まりません≫といった声も。

 中心メンバーで所属事務所社長も務めるHIROには、≪初心を忘れずとか言いながら結局金。HIROさんはもうとっくに初心なんて忘れてしまっている≫など、辛辣だ。

 もっとも、HIRO自身は90年代前半に音楽ユニット「ZOO」の一員として、大ブレークと人気低迷の両面を身にしみて知っており、「恵まれた今こそ挑戦すべき」とメンバーを叱咤。賛同するファンの声も少なからずある。

 これには、HIROの盟友、松浦社長もブログ上で≪100%皆が困惑すること、そしてヒロ自身にも、もしかしたら非難が集中すること。さまざまなことはヒロはすべて想定していて、それでもこれに踏み切る勇気と自信≫と記述。ファンの強烈な拒絶反応は産みの苦しみとして“想定内”との見解を示している。

 ■音楽評論家・富澤一誠氏の話 増強は唐突すぎる印象だ。昨年2月メジャーデビューして軌道に乗った「J Soul Brothers」の合流もファンは納得しにくいだろう。ただ14人体制でダンスはより派手になるだろうし、ボーカルのパワーアップやハーモニーの厚みも期待できる。よりよいパフォーマンス集団にしようという意気込みなのではないか。

[ 2009/03/03 18:11 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

イモトアヤコの珍獣本1週間で6万5000部

珍獣ハンターイモトの動物図鑑売れてますねー(笑)

確かに私もイッテQ見ているので、見たくなりました。
そこらのお笑いタレントやスポーツ選手よりはるかに根性のあるイモトアヤコ。

その個性は最近のバラエティ界の中でも際立っていると思います。
23歳の女性が、チーターとかけっこで競争し、ワニをつかまえ、ライオンに水をあげ・・・
とその活躍ぶりは尋常じゃありません(笑)

ちょっと人生を振り返ったようなお笑いタレントの本が乱立していますが、この本は別格です。
私もサイン会行きたかったです・・・

世界の果てまでイッテQ!珍獣ハンターイモトの動物図鑑書籍内容紹介
日本テレビ系毎週日曜夜7時58分から絶賛放送中の謎とき冒険バラエティー『世界の果てまでイッテQ!』。
そのなかでも絶大な人気を集めているコーナー、自称“魅惑の女子高生”、セーラー服に太眉毛で珍獣を求めて世界を駆け巡る、“珍獣ハンターイモト”が遂に本になりました。
イモト自身が編集長として、1年間で地球5周分を旅して出会った100種類以上の珍獣から厳選したおもしろ珍獣を徹底分析! さらに「イモトの旅日記」「イモトが選ぶ絶景ベスト5」「イモト編集長が自ら語るロングインタビュー」「イモトが選ぶ出会ったら命が危ない珍獣ベスト5」などなど企画満載。
「ライオンにタッチ!」「チーターと100M走!」 ……命がけでつくった動物図鑑、堂々完成です!!

日本テレビ出版部 (著)






イモトアヤコの珍獣本1週間で6万5000部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000010-nks-ent
お笑い芸人イモトアヤコ(23)が1日、「珍獣ハンターイモトの動物図鑑」の出版記念サイン会を都内で開いた。
日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の人気コーナーの書籍化。1年間で地球5周分を旅し、出会った珍獣を徹底分析した。「サイン会に200人も来てびっくり」。
発売1週間で6万5000部を売り上げ「直木賞候補ですか? ありがとうございます」。
[ 2009/03/02 20:40 ] バラエティ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。