エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > アーカイブ - 2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伝説のスポーツカー「ハチロク」 復活前に早くも人気沸騰

ハチロクの復活が話題を集めてますね。
自動車業界としては若者をとりこむ秘策なのでしょうし、期待ももっともですが、これだけ車離れが進んだ20代前半に無事届くでしょうか。

私も頭文字(イニシャル)D好きで読んでますから、あの漫画でのハチロクの意味ってすごいのはよくわかります。単に主人公が乗っているというだけでなくて、ハチロクが、ドライバーを育てる車だっていう内容ですしね。

なのであの漫画を読んでいるとハチロクに興味がわくのはあると思います。

ただ、やっぱり運転免許を持っていない割合がかなり上がっているので、そこはもう厳しいですよね。

実際免許の教習所って、忙しい社会人には通いつらい仕組みですしね。

それにこれだけ趣味が多様化しちゃうと、維持費が相当かかる車を使い続けるのは、他の趣味や余暇を相当犠牲にしないと厳しいですよね、平均的な若者には。

飲み食い代、携帯代、ゲーム、デジタル家電、旅行、スポーツ、ファッション・・・

いくらでもお金使うところありますからね。

それに都市部に住んでいる割合も増えているでしょうから、電車の便もいいですし、駐車場代も高いですしね・・・

若者の車ブームにつながるか、楽しみですね^^

伝説のスポーツカー「ハチロク」 復活前に早くも人気沸騰
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000001-jct-bus_all
(yahooニュースより)
2009年10月24日に千葉市の幕張メッセで開幕する東京モーターショーで、近年では珍しく注目の高い次世代スポーツカーが登場する。トヨタ自動車と富士重工業(スバル)が共同開発する小型FR(フロントエンジン・リヤドライブ=後輪駆動)スポーツカー「FT-86Concept」だ。トヨタが世界で初めて東京モーターショーに参考出品すると発表し、国内外のメディアが速報すると、インターネットには早くもファンの膨大な書き込みが登場。自動車雑誌の表紙を飾るなど、ちょっとした社会現象となっている。

 この反響の大きさには理由がある。このクルマは往年の名車、「ハチロク」ことカローラ・レビン、スプリンター・トレノの「復活」だからだ。1983年に登場し、87年に生産中止となった後輪駆動のレビン、トレノは安価なスポーツモデルとして若者の支持を集め、「AE86」の車両形式から「ハチロク」の愛称で親しまれた。

■スバルがトヨタ傘下で「日本のポルシェ」になる?

 その後、人気漫画「頭文字(イニシャル)D」の主人公が乗るクルマとして「伝説」にもなり、現在の若者にもファンが多い。中古車市場で20年以上も前のハチロクが高額で取引されていることからも、その人気ぶりがうかがえる。

 ハイブリッドカーのプリウスや小型車ヴィッツなどでは成功を収めるトヨタだが、若者のクルマ離れを食い止められず、将来的な市場縮小が経営課題となっていた。そこでトヨタが考えたのが、資本提携したスバルの活用だ。スバルを収益性の低い軽自動車の自主開発から撤退させる一方で、独自の水平対向エンジンや四輪駆動のコア技術を活用し、レガシィやインプレッサとは一味違うスポーツカーを共同開発するというものだ。

 しかも、開発の主導権を握るのは、クルマ好きで知られ、レーサーでもある豊田章男社長だ。この社長直轄プロジェクトのため、08年秋のリーマン・ショック後の不況下でも、この共同開発がストップすることはなかった。豊田社長は社長就任前から開発の指揮を執り、次世代スポーツカーにふさわしい燃費の実現など、開発の要求レベルは高いという。

 この共同開発車は安価で軽量なハチロクの後継モデルと目され、これまでに自動車雑誌だけでなく、朝日新聞が朝刊1面でスクープした経緯がある。スバルがトヨタ傘下で「日本のポルシェ」、すなわちスポーツカー専業メーカーになるとの報道も、あながち的外れではないことが、今回の参考出品車の登場で証明されたといえる。

■ホンダも「CR-X」の後継モデルスポーツカー

 今回の東京モーターショーには、ホンダも次世代スポーツカーとしてハイブリッドカー「CR-Z」を参考出品する。このクルマもネーミングから連想できるように、往年の同社のスポーツカー「CR-X」の後継と目されるモデルだ。ホンダは現行インサイトのエンジンを拡大し、モーターの出力を高めることなどで、ハイブリッドカー初のスポーツモデルを仕上げた。トヨタのFT-86Concept、ホンダのCR-Zとも市販は確実。トヨタとスバルが共同開発するハチロク後継モデルについては、FT-86Conceptのほかにも、スバルが市販に向け開発中のバージョンもある。今回の出品には間に合わなかったが、関係者によると「開発は順調に進んでいる。今回、トヨタが参考出品するクルマとは異なる」というだけに、ファンの期待は高まる。

 今回の東京モーターショーは海外メーカーの多くが出展を取りやめたことで、退潮ムードが取り沙汰されるが、ハイブリッドカー、電気自動車など次世代技術に加え、次世代スポーツカーが提案されるなど、日本メーカーの出展は意欲作に満ちている。

スポンサーサイト
[ 2009/10/17 20:44 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

ニュースの感想 香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”

香田晋さんが離婚とのこと。
結婚生活の問題って、もちろん本人たちにしかわからないことがほとんどでしょうし、外からは全然わかりませんが、離婚後、奥さんの母親と同居って不思議な感じがしますね。

旦那が引き取りながらも、子育ては奥さん側のお母さんにまかせるという不思議な関係。

夫婦の数だけ、結婚、離婚の数だけそれぞれの形がありますね。。。

しかし言葉の問題、離婚まで覚悟しても、治らないものなんですね。

結婚生活11年ということなので、短期間で離婚しているわけではないので、いろいろなことや努力はもちろんあったんだとは思いますが、結婚生活って本当に難しいですね。

全然違う環境で育ち、考え方も異なる他人同士が一緒に暮らすわけですからね。

香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000045-spn-ent
(yahooニュースより)
演歌歌手の香田晋(42)が16日、都内で会見し、8月中旬に元OLの夫人(35)と離婚していたことを明かした。原因は自身の「言葉の暴力」と言い、「かみさんに愛想を尽かされて」昨春に離婚を切り出された。子供2人の親権は香田が持った。仕事で家を空けることも多いため、夫人の母親(61)が同居して育児をサポートしているという。

 「仕事のストレスのはけ口がかみさんに向かってしまった。怒鳴ったり、優しくできなかったり…。そういう空気が子供たちに伝わるのは良くないと、離婚しました。僕が悪い」。努めて明るく振る舞おうとしたが表情は曇りっぱなし。「できれば(夫人に)帰ってきてほしいと思っている」と本音も漏らし、後悔の念をにじませた。

 音楽市場が不況で、特に演歌歌手にとっては厳しい時代が続く中、05年からフジテレビのクイズ番組「クイズ!ヘキサゴン」にレギュラー出演し珍回答を連発、おバカタレントとして人気になった。「バラエティー番組でわーっと明るく振る舞う分、家では疲れてしまって。そういう時に言葉の暴力が出てしまった」。夫人が用意した離婚届に判を押し、8月中旬に夫人が役所に提出した。

 00年には横浜市内にマンションを25年ローンを組んで購入。仕事で活路を見いだし、ようやく返済も軌道に乗ってきたと思われるタイミングで、くしくも大切な人を失ってしまった。

 長男(9)長女(7)の親権を持ったが「僕には両親も兄弟もいない。支えは子供。どうしても一緒に暮らしたかった」と説明した。両親は香田が2歳の時に離婚。とび職人だった父親は76年に工事現場で転落死。香田を引き取った母親は香田の歌手デビュー翌年の90年に急性すい炎で亡くなっている。

 複雑な家庭環境だったからこそ、子供たちへの思いは人一倍強い。義母との同居については「お母さん(義母)は僕の生い立ちを分かってくれて、同居を提案してくれました」とし、子供たちについては「離婚したことには何も言わなかった。気を使ってくれたんでしょうね」と話した。

 4月に発売した最新曲は「心のきず」で、「歌いづらいですよね」と苦笑した。それでも「この経験が歌の深みになれば」と前を向いていた。

[ 2009/10/17 11:25 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

長谷川潤&片瀬那奈、グータン新MC

グータンの新MCに、長谷川潤さん、片瀬那奈さんの2人が決まりましたね。
江角さんと内田恭子さんの後なので、重責ですよね・・・・

あの2人と比べると、どうしても個性やしきりという意味で不安がありますが、慣れるまではある程度仕方ないですよね。

なんだかんだ毎週楽しみに見ている番組なので、今日から新MCのグータンを見ることになるわけですが、今までの印象だと、女優の片瀬那奈さんは割りとぶっちゃけキャラだったと思うので、サバサバと盛り上げてくれるような気がしてます。

長谷川さんはViviのモデルさんのようですが、顔はわかりますが、私はよくわかっていません。

今多いハーフ顔系のモデルさんですよね。

女性からはきれいに見えるんでしょうけど、男性からモテるタイプからはどんどん遠ざかるてますよね、今のモデルさんて・・・

長谷川潤&片瀬那奈、グータン新MC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091013-00000001-dal-ent
(yahooニュースより)
フジテレビ・関西系のトーク番組「グータンヌーボ」(水曜、後11・00)の新MCに、女優・片瀬那奈(27)とモデル・長谷川潤(23)が新たに加わることが12日、分かった。9月いっぱいで産休に入った江角マキコ(42)と番組を卒業した内田恭子(33)からバトンを受け継いで、14日放送分から登場する。
 2人は、レギュラー出演中の優香(29)、オセロ・松嶋尚美(37)と、4人体制でMCを務める。トーク番組の司会に初挑戦となる長谷川は、初収録を終え「点数をつけると…MCとしては0点です」と不慣れもあってしょんぼり。片瀬は「私は7点…10点満点で。これから良くなっていければいいと思う」と前向きに語った。
 番組歴代のMCには、江角、内田、松嶋に加えて、篠原涼子(36)も名を連ねており、いずれも結婚や妊娠などで“女の幸せ”をつかんだ顔ぶればかり。新MCの2人は独身だが、04年の番組スタート当初から出演し続けている優香も未婚とあって「何で私だけ、何もないんだろう?」とボヤキ節だった。
[ 2009/10/14 07:20 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

松ちゃん46歳でパパに「びっくりしてる」

ダウンタウンの松ちゃんに女児誕生とのこと。
おめでとうございます。

結婚のニュースのときに、すでに妊娠と報道されていたので、わかっていたこととはいえ、松ちゃんがパパって、イメージとは異なりますよね(笑)

昔、さんまさんが父親になったときに、切れというか、毒の部分が減って、面白くなったと一時期言われていましたよね。
まあさんまさんは、今は別の理由であれですが・・・

やはりテレビに出て、なにかバカなことをするときに、子供が学校でいじめられるかも、とかどう思うかもと頭によぎるとできないことが出てくるのでしょうね。

松ちゃんの場合は、映画監督とか、文化的な活動にシフトしつつあるのと、最近はコントなどを作るよりもMCが多いので、それほど問題が起きそうにはないですよね。

しいて言えば、ガキつかのフリートークでしょうか。

私が10代後半、一番楽しみにしている番組でした。

いつまでも面白い松ちゃんでいて欲しいですね^^

松ちゃん46歳でパパに「びっくりしてる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000030-sanspo-ent
(yahooニュース)
お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(46)に待望の第1子が誕生していたことが8日、わかった。監督映画第2作「しんぼる」が特別招待作品として上映される「第14回釜山国際映画祭」に乗り込み、自ら発表した。元お天気キャスターの夫人(26)が6日午前11時40分、都内の病院で体重2960グラムの女児を出産。「正直、まだピンときてない」と照れながら素直な喜びを語った。

 釜山市ヨット競技場の野外特設ステージ。黒いタキシードでレッドカーペットを歩く松本監督の姿に喜びがあふれた。

 「びっくりしてるんです」。

 釜山へ出発する2日前の6日、待望の第1子となる女児が誕生。現地到着直後の会見で、自ら報道陣に明かし、「彼女が20才の時、僕は66才です」とのコメントを発表したが、現場での本当の第一声は、これだった。

 「どんな感じなんだろうと思っていたんですけど、いざ体験してみて、こんな感じかと思って」

 46歳のパパは、出産にも立ち会った。「『こっちです』と入れられたらそこ(分べん室)で、脱出の余地もなく、閉じ込められたような感じで。映画さながらでびっくりしましたね」。必死に部屋を脱出しようとする今作「しんぼる」とダブらせて説明。部屋に入ってから10分たらずの出来事で、安産だった。

 「意地なんですけど、『かわいい』とはまだひと言も言ってないんです。『うーん』とかしか。このフレーズを使うと負けたような気がして」と照れ隠し。自分の中で、子供の存在を咀嚼(そしゃく)中と表現した。

 「まだ正直ピンときてない、実感がない。地に足が着いてない感じなんですけど、それとタレントの自分とは別なので、『こういうところでフワフワしたくないな』とか思っているんです」。父親の喜びを語りつつ、最後は監督の顔に戻った。

 映画祭参加は第1作「大日本人」の仏カンヌ(07年)に続き2度目。今回は世界的巨匠の新作や、今年の話題作を集めたガラ・プレゼンテーション部門に選ばれた。「日本人だけじゃなく、世界的にわかるだろうなぁ。理解という意味ではできる作品かな」と自信も。

 レッドカーペットを映画関係者と歩く松本監督に、約5000人のファンから歓声が上がった。次回作については「また何か考えますよ。いろいろ環境も変わって、自分の中でも何かが変わっていくと思うんで」。父親となり、どんな変化が作品に現れるのだろう。
[ 2009/10/09 08:37 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

爆笑田中「2回もらした」のがフラれた理由?

爆笑問題の田中さんが離婚のニュースを受け、私も昨日放送のサンデージャポン見ました。
結局原因はわからない、というか言えないようなので、やはり奥さん側の話なのでしょうね。

浮気でもお金でも暴力でもないとなると、なんでしょうねえ。

勝手な下世話な推測だと、他に好きな男ができたとか、自分探しみたいなこととか、あと何があるでしょうね?

まあこの不景気なご時世にあれだけ稼ぐ旦那と自分から別れようというわけですからね。

相手が派手な芸能人だというならわかるんですけども、少々意外で驚きました。

なんとなく離婚とかと無縁なオーラが出てた気がしてましたから。

結婚の10倍大変、とよく聞くので、いろいろ大変なんだと思います。お疲れ様です。

爆笑田中「2回もらした」のがフラれた理由?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000045-spn-ent
(yahooニュース)
2日に元生花店勤務の女性(35)と離婚したお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(44)が4日、司会を務めるTBS「サンデージャポン」(日曜前10・00)で自ら経緯などを語った。

 共演陣から離婚の原因を問われると「浮気とかではありません」と言い切ったが、具体的な理由については「価値観の相違。彼女の方がいろいろ悩んでいた」などとあいまいな説明。「きっかけはオレの方じゃない。どっちかというとふられた感じ」と“受け身”だったことを強調し、さらに理由を問われても「この夏2回、ウンコをもらしたことが原因かも」と笑わせ、最後まで真相は明かさなかった。

 離婚話が浮上した時期については「8月くらい。それまでは仲良かった」と説明。「(離婚までは)別居もしてなかったし、寝室も一緒だった。ドロドロのケンカをしたわけではない」と円満だったことを強調。慰謝料は「特にない」とし「財産分与はしますよ」と明かした。

 「この夏は、押尾(学被告)やのりピー(酒井法子被告)とかの事件で世間は大騒ぎしてましたが、こっちはそれどころじゃなかった」としみじみと振り返る場面もあった。再婚については「いずれは」としながらも「今すぐは考えていないです」と話していた。
[ 2009/10/05 18:30 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

滝クリを「外人」と差別発言 フジテレビアナに批判集中

yutubeで実際の映像見ましたけど、こんなしゃべり方するんですね。
確かに長谷川アナ滝川クリステルさんを外人よばわりしてますけど、それ以外も後輩のアナウンサーに対し、「こいつは」「こいつは」を連発し、ヒドイしゃべり方。

バラエティで本音と脱線トークで盛り上がる番組だとしても、アナウンサーが超えてはいけない一線を越えちゃっている感じですね。

まあ普通に見て、「そもそもこの長谷川アナ、なんでこんなに偉そうなの?」と思うでしょうねえ。

好き嫌いは別として、露木さん、徳光さんクラスのベテランというわけでもないのに、あれだけ偉そうにほかのアナを批評するって・・・

そして長谷川アナが謝罪しないのは、実際フジのアナウンサー部が思っている本音を言っただけで、悪いとは思っていないのでしょうね。

確かに細かいことですぐ批判される感じだと、どんどんマスコミが窮屈になり・・・
という問題はわかるのですが、映像を見る限り、バラエティの楽しい雰囲気の毒舌ではなく、ただ偉そうにしゃべっている感じで、まったく必要のないトークに見えますのでね。

滝クリを「外人」と差別発言 フジテレビアナに批判集中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091001-00000001-jct-ent
人気キャスター滝川クリステルさん(32)をフジテレビの長谷川豊アナウンサー(34)がテレビ番組で「外人」と呼んだことが、「差別発言だ」として問題になっている。フジテレビも不適切な発言だったことを認め、「すぐに訂正すべきでした」といっている。

■「この間までやってた外人よりずっと上手い」

 問題の番組は2009年9月26日に生放送されたフジのCS局のバラエティー「フジアナスタジオ まる生2009」。フジのアナウンサーが本音と脱線トークで盛り上げる番組で、フジのCS放送の看板になっている。この日は「ニュースJAPAN」のキャスター交代の話題を取り上げ、長谷川アナが新キャスターの秋元アナをこんなふうに紹介した。

  「こいつも、あのー、この間までやってた外人より、ずっと上手いですからね。あの、ちゃんと現場の事よくわかってますし。よく取材に行って、勉強してますから。こいつのニュースJAPAN、たぶん良いと思いますよ」

 「外人」というのは、キャスターを降板した滝川クリステルさんのこと。この長谷川さんの発言部分が動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ、「2ちゃんねる」などの掲示板が問題視したことによって騒動に発展。09年10月1日には大騒ぎになった。もともと「ニュースJAPAN」の看板キャスターだった滝川さんの降板に異議を唱えるファンが多かっただけに、ネットでは、

  「降板する人に対して何で差別発言しているの」
  「おれのクリステルをけなすやつは許さない」

などと騒然となった。

■「すぐに訂正すべきでした」と番組運営部

 フジテレビワンツーネクスト運営部によれば、この番組は出演したアナウンサーに様々な出来事をフランクに話してもらうという構成。長谷川アナは滝川さんを攻撃するという思いはなく、いろんなフジの女子アナを紹介しているうちに出てしまった言葉だと説明した。フジテレビのアナウンサーはみんな仲が良く身内意識が強い。そうした中で行き過ぎた発言が出てしまった、とし、

  「外人は不適切な発言であり、この発言が出たときにすぐに訂正すべきでした。番組の制作サイドも反省しておりまして、番組の視聴者や不快になられた方に本当に申し訳ないと思っています」

と話している。ただ、長谷川アナの謝罪の予定はないという。
[ 2009/10/03 08:32 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。