エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > アーカイブ - 2010年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『めちゃイケ』新メンバー決定!

めちゃイケ、生放送のスペシャルで、新メンバー決定しましたね。
個人的には、自分を縛るあの子、栗山夢衣さん、いいと思ったんですが、落選残念でした。
それに、ジャルジャルはいらないですよね。どこが面白いのか、さっぱりわかりません。

敦士くんもどうですかねえ、顔で人気なんでしょうけども。

三中さんはめちゃイケらしいチョイスでいいですね。
楽しみです。

ピン芸人のトミドコロは、落選でしたけど、これきっかけで露出増えそうですよね。

いい意味で、足跡はのこしあと思います。
ちゃんとキャラたってましたし。

ダイノジは、チャンスだったのに、素人、トミドコロ、と比べると、もう一歩でしたね。

これだけ大規模に、新メンバー公募で、本当にプロアマ問わずというのは良かったですね。

こういう企画って、世の中に必要だと思います。

何かのきっかけで、頑張れば世に出られるって。


『めちゃイケ』新メンバー決定! ジャルジャルら一気に5組
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000018-oric-ent
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 23:33 ] バラエティ | TB(0) | CM(0)

オリラジ藤森と加藤夏希、熱愛発覚!!

オリエンタルラジオの藤森くんが、加藤夏希さんと熱愛とのニュースが。
藤森くんは、まだまだ遊びたい盛り。
まあ長い恋愛にはならなそうですよね。

加藤さんって、交際相手の元マネージャーに3000万円持ち逃げされたり、男運ないというか、男を見る目がないというか・・・

こういうのって、もう変わらないんでしょうね。

どういう男にひかれるか、で大きく人生が変わりますね。

少なくとも、もっと自分を大切にしてくれる人を選んだほうが、幸せになれると思うのですが、女優さん・モデルさん、芸能人のひとの多くは、普段大切にされることになれているので、そういう基準ではなく、なにかひかれる個性みたいなものとか、強引さみたいなものにひかれるんですかね。

オリラジ藤森と加藤夏希、熱愛発覚!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101031-00000000-dal-ent
[ 2010/10/31 12:41 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

リア・ディゾンが離婚、デキ婚から2年

リア・ディゾンが離婚とのこと。
出来ちゃった婚ですから、
2008年に知り合って、その年に結婚ですから、本当に短かったですね。

やはり恋愛と違って、結婚となると、お互いの仕事とか、ライフスタイル、子供についての考え方とか、ちゃんと話し合うなり、ある程度わかるぐらい付き合ってから、決めたほうがいいですよね・・・

まあ少子化の世の中なので、ある程度勢いで子作り・出産というのを否定するわけではないんですけども。

リスクとか、慎重に、なんていっていると、結婚・子育て、なんてリスクだらけですから、考えすぎても厳しいですよね。
こうなったらどうしようとか。

そういう意味では、シングルマザーでもまわりのサポートで育てやすい環境でも整えていかないと、少子化は進んでいく一方なのかもしれませんね。

リア・ディゾンが離婚、デキ婚から2年
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101030-OHT1T00132.htm
[ 2010/10/30 14:09 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

田中麗奈と佐藤祐基、事実とのこと

フライデーに出てたお泊り愛。
認めましたね、この2人。

最近は、認めちゃったほうが、好意的にとられること多いですしね。

おめでとうございます。

佐藤さんのほうはよく知りませんでしたが。

田中麗奈と熱愛激写 佐藤祐基、ブログで「事実は報道にある通り」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000030-oric-ent
[ 2010/10/30 00:30 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

映画 遠距離恋愛 彼女の決断の感想

映画館でドリュー・バリモア主演のラブコメディ、遠距離恋愛 彼女の決断を見てきました。
お客の入りは3割弱程度。
入っているとはいいがたい数です。
まだ公開してそんなにたっていないですが、短期間での上映になりそうですね・・・

肝心の内容ですが、私はラブコメ全般結構好きなので、最後まで楽しく見ることができました。

下ネタもちょこちょこあるので、10代のカップルが最初のデートとかで見ると、ちょっと気まずいかもしれません(笑)

つい女の子だけ笑ったりして・・・

遠距離恋愛は、私も経験がありますが、アメリカはよりおきやすいでしょうね。都市と都市の距離がかなり離れていますしね。

今は通信手段も発達し、TV電話とか、ネットでほぼタダでできますから、工夫はできるでしょうけども、この映画でもあるように、あっちのほうとかは、まあ不満がたまりますよね。

一時期のことならいいですけど、仕事とかキャリアがからんで、先が見えない場合、不安にはなりますよね。

最後、何を優先するのか、この映画の結論には、私は必ずしも共感できませんでしたが、ひとつのやり方ではあるんでしょうね・・・

遠距離恋愛 彼女の決断のあらすじ
(goo映画より)
ニューヨークの新聞社へ研修に来たジャーナリスト志望の女子大生・エリン(ドリュー・バリモア)は、ギャレット(ジャスティン・ロング)と出会う。
二人は付き合い始めるが、研修が終わったエリンが地元のサンフランシスコに戻ったため、遠距離恋愛の関係に。
大学卒業後、ニューヨークでギャレットと暮らす予定だったエリンに、サンフランシスコの新聞社から内定が出た。
ニューヨークの新聞社に就職できる見込みはなく、内定を蹴ればジャーナリストへの道は断たれてしまう・・・。


[ 2010/10/27 21:24 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

AKB48、新曲「Beginner」初回出荷103万枚!

AKB48の勢いがすごいですね。
総選挙あたりから、一気に世の中の知名度があがったきがします。
103万枚という数字は、シングルの初動売り上げでは1999年11月に発売された宇多田ヒカルさんの「Addicted To You」以来、11年ぶりのミリオンセラーとのこと。

最近はCDが売れない時代ですからね。違法ダウンロードも多いですし、Youtube見れば、PV見れますから。

そんななかこの数字は立派ですね。

これからも芸能界を盛り上げてもらいたいです。

まあ島田伸介さんのコメントにある、全体で見ればかわいいけど、1人1人見ればそうでもない、には笑いましたが、何人かはかわいい子いると思います(笑)

ちなみに、私は篠田さんが好きです^^

AKB48、新曲「Beginner」初回出荷103万枚!CD不況関係なし!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101026-00000023-sph-ent
[ 2010/10/27 07:42 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

鈴木早智子、初自叙伝でWinkを語る

アイドル時代から、Winkでブレイクし、その後転落?した鈴木早智子さんの自伝です。
Wink時代から、幸薄そうな2人だと思いましたが、相田翔子さんはうまくいっていうようですね。
バラエティ番組で見かけると、Wink全盛時代に、中学生だった私は、ちょっと複雑です(笑)

おにゃんこの国生さんたちがロンハーで活躍するのをみても、おにゃんこ時代は小学生だったので、見てましたけどもそれほどギャップがありません。

どちらかというと、Winkとか浅香結さんとかをバラエティで見るほうが、こんな時代が来たか、としんみりします(笑)

しかし不倫しておいて、自分が不幸らしくアピールしたり、自伝だしたりっていう感覚は、芸能人ならではですね。

いろんな愛の形があるので、それだけで非難する気はありませんが、ひっそりとやってほしいです。マナーとして。

鈴木早智子、初自叙伝でWinkを語る 相田翔子は「勝ち組」、自身は「負け組」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000015-oric-ent
[ 2010/10/26 07:04 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

猫ひろし、北米唯一の“国境越え”フルマラソンで自己ベストを記録

猫ひろしさん、フルマラソンで2時間49分28秒5ですか。
早いですねー^^
今回のレースは“国境越え”が目玉のフルマラソンとのことですが、私も以前カナダ側からナイアガラの滝を見に行ったときに、米国に渡ったので、懐かしく記事を読みました。

私も、ちょこちょこジョギングはしているので、フルマラソンに出たいと思っているのですが、まずは5時間きって完走するのが目標と思っています。

3時間きるタイムの人は、アスリートといっていいですよね。

よほど鍛えていないと難しいと思います。

ご自身のブログでも、30過ぎても、練習するとちゃんとタイムが早くなっていく達成感を語っていますが、素晴らしいことですね。
猫ひろしさん公式ブログ
http://blog.oricon.co.jp/neko_hiroshi/archive/4525/0

フルマラソン自己ベスト更新、おめでとうございます!

猫ひろし、北米唯一の“国境越え”フルマラソンで自己ベストを記録
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000012-oric-ent
[ 2010/10/25 17:27 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

交際2年半 東山紀之 木村佳乃と結婚!

東山紀之さん、木村佳乃さん、ご結婚おめでとうございます。
交際2年半ですか。
芸能各界からお祝いのコメントが出てますね。

最近は、ジャニーズの結婚も普通になったとはいえ、東山さんは重鎮ですから、ニュースになりますよね。

木村佳乃さんは、正統派日本顔の美人ですよね。

最近のモデルさんは、ハーフだったり、外人顔のひとが多いですが、実際日本ではこういう美人のほうがモテますよね。
大人の素敵な女性に見えます。

ジャニーズの後輩達のコメントは、まじめな内容ですね。

同世代ならちゃちゃいれるところも、大先輩、しかもわりと東山さんは厳しそうな感じなので、そうならざるをえないんですかね。

最近、くだけたお祝いコメントが多いので、久々にかたい内容のコメント続きなのを見た気がします。

それだけ芸能界でお笑い界のシェアがあがったということなんですかね。

確かに昔は、アイドルだったら、まじめでさわやかなだけで良かったわけですからね・・・



交際2年半 東山紀之 木村佳乃と結婚!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000045-spn-ent

交際2年半の東山紀之と木村佳乃が入籍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000000-dal-ent

近藤真彦「さらに活躍することを願ってます」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000036-sanspo-ent

佐々木希「お二人がお幸せでありますように」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000037-sanspo-ent

<草なぎ剛>「幸せな夫婦を築いてください」東山紀之に電話で祝福
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000007-mantan-ent
[ 2010/10/24 19:05 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

元極楽・山本TV復帰に苦情

山本圭一さんおTV出演に苦情とのこと。こういう苦情って、どういう人が出すんでしょうね。
TVに出ているの見るのがいやなら、消すかチャンネル変えればいいと思うのですが。

内容が不正確で、それによって不利益をこうむるとかなら抗議して訂正を依頼するとかはわかるんですけども。

不愉快だ、というのは個人差があるわけですし。

そしてそれが記事になるということは、テレビ局側がそれを発表している=ある程度問題だと認識しているわけで・・・

私も個人の感想でいえば、問題を起こした芸能人で、よほど特別な"芸”、それこそその人じゃないとどうしてもダメで、それを臨んでいる人が、よほど多くいる場合で、起こした問題がそれほど深刻でなければ、復帰もありえても、そうでない立場の人は、通常会社員であれば、会社を首になるようなことをしでかしているわけですから、芸能界という広く世の中に影響を与える業界だけに、厳しく対応したほうがいいと思っていますので、復帰しなくていいと思っています。

ただ、まあだからといって、例えば多くのスタッフが彼を復帰させようとし、ファンも仮に望んでいるのであれば、それを邪魔しようとは思いません。

応援する気にはなりませんけども。

元極楽・山本TV復帰に苦情
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101023-00000038-sph-ent

元極楽・山本、復帰へ地ならし?番組で“改心”アピールも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101023-00000012-ykf-ent
[ 2010/10/23 19:55 ] バラエティ | TB(0) | CM(0)

フリーター、家を買う。 第一話

二宮君主演の新ドラマ、フリーター、家を買う。 第一話。
まずまずの数字でスタートしましたね^^

映画、大奥での二宮君は残念だったですが、こういうドラマだと、等身大の若者らしく、似合ってました。

キャストのバランスもまずまずなので、今シーズン、このドラマ見ようかと思ってます。

最近、毎週決まった時間にドラマを視聴する層が減って来ているので、17.6%は、まずまずのスタートですよね。

うつとか、フリーターの問題とか、いろいろ暗くなるテーマを取り扱ってはいますが、今後は明るくなっていくのでしょうか。

期待したいと思います^^

二宮和也&香里奈出演『フリーター、家を買う。』 初回視聴率17.6%で好発進!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101020-00000000-oric-ent

<フリーター、家を買う。>初回視聴率17.6% 二宮和也2年ぶり連ドラ主演、好スタート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101020-00000006-mantan-ent
[ 2010/10/22 21:22 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 ナイト&デイの感想

映画ナイト&デイを昨晩、レイトショーで見てきました。
まだ公開からそれほどたっていませんが、客の入りは半分以下でした。
TOHOシネマズデイのため、1000円だったので、もう少し入ってもいい映画だと思います。

日本でも知名度の高い主役2人トム・クルーズ 、 キャメロン・ディアスですしね。

あらすじをみたときは、スパイ物で、サスペンスとしてのハラハラ感を期待しましたが、そういう映画ではありませんね。
ハリウッド大作的、トム・クルーズとキャメロンのラブ&アクションドタバタムービーです。

こんな感じの映画なら、もう少しコメディチックなシーンがあったほうが、キャメロン・ディアスの良さが出たような気がします。

しかし、トム・クルーズって、トップガンのころから、変わりませんね・・・
ある意味怖いです。

主役2人が好きな人は、楽しめる映画だと思いますし、私も最後まで退屈せず、109分、見ることができました。

秋のハリウッドムービーのなかでは、オススメの部類ではないでしょうか。

何も考えずに、ポップコーン食べながら、楽しんでみる映画です。

映画 ナイト&デイのあらすじ
理想の男性を追い求める平凡な女性ジューンは、ある日、空港でハンサムな男性と運命的な出会いを果たす。
だがその男の正体は、ジューンが夢に見た理想の男性どころか、重要任務を帯びたスパイだった。
予想外の裏切りや暗殺者による執拗な攻撃など、何度も危険な目に遭遇するジューンは、ミステリアスなロイに疑念を抱き始める。
そして彼の背後には、巨大な組織の陰謀の影が・・・。
[ 2010/10/15 12:21 ] 映画 | TB(3) | CM(0)

映画 大奥の感想

映画館で、大奥を見てきました。
劇場では、9割以上の観客が女性でした・・・

やはりというか、確かに、二宮君や玉木さんが好きじゃないと見に行ってはいけない映画でした。

原作は、アイデアが斬新で、今までにないユニークな設定のマンガ 大奥。

将軍が女性で、大奥には美男子が多数います。

この設定の時点で、やはりBL系といいますか、そういう趣味の女性が見に行くコンテンツなのかもしれませんが、私は原作マンガはそれほど抵抗なく読めたので、映画も平気だろうと思いましたが、やはり映像で見ると、違和感がありましたね。ラブシーン自体は軽めでしたが、それでもマンガのときには感じなかった違和感が多少。

こういう映画はもう少し配役を工夫すれば、もっといい映画になるはずですよね。

イメージに合うキャストをそろえて、見せ場をちゃんと際立たせて撮れる監督さんがとれば、この設定でも、もっといい映画になったと思います.

今回の”大奥”は残念でした。

最近、邦画がまた盛り返している、といってもTV局との強力なタイアップ、ドラマやマンガ原作だったり、東宝一人勝ちだったり、と問題はありますが、割と世間の目は映画に戻って来ていると思うんです。

いろんな娯楽が増えたなかで、こういう作品を出すというのは、映画ブームに水をさす行為だと思いますし、関係者にはちゃんと多くの辛口レビューを見て、反省してもらいたいですね。
[ 2010/10/11 22:59 ] 映画 | TB(7) | CM(0)

関係者激白…安室奈美恵&ロンブー淳が破局のワケ

注目を集めたカップルでしたが、ケンカが絶えずに破局とのニュースが。
淳もてますしね。

どちらかというと安室さんのほうが、おだやかなあたたかい家庭みたいなものを希望するタイプなのかと思ってました。
淳はいつまでも自由でいたいタイプに見えますよね。

安室さんは、歌手として、一段上の人に上がり成功していると思うので、所属事務所からすると、一安心というところでしょうか。

そういえば、パワースポットブームは、彼らの旅行から始まったような気がします。

それだけ世の中に影響力のある、組み合わせだったんですね・・・


関係者激白…安室奈美恵&ロンブー淳が破局のワケ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101006-00000005-ykf-ent
[ 2010/10/06 22:30 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

君に届け

映画君に届けを見てきました。
観客のほとんどが女性かと思いましたが、意外に男性もいましたね。
青春時代を思い出す、甘酸っぱい映画です。

原作は、少女マンガの人気作品、君に届け。

どうも絵が苦手で、しっかりは読んでおらず、軽く目を通した程度ですが、あらすじは頭に入った状態で映画版を見ました。
前半は、割と原作どおりの展開。

後半最後のほうが映画オリジナルな終わらせ方でしょうか。

全体的には、三浦春馬君のさわやかさが目立ちましたね。

こんな人いますか?(笑)

男目線で見ると、ありえないタイプですよね。
さすが少女マンガの相手役といった感じです。

イケメンで内面がこういうタイプって、まず存在しないですよね。

高校に入るまでに、それなりに異性から告白され、ちやほやされる免疫があるわけで、そうそう純粋なまま10代後半にはならないです。

でも、若さ独特の真っ直ぐさとか、苦悩とか、そういうものはこの映画でも伝わってきましたね。

そのあたりが見所でしょうか。

映画館に行ったことを後悔するほどではなかったですが、原作ファンは不満かもしれませんね。

もう少し主人公2人の内面にフォーカスしても良かったと思います。

映画 君に届けあらすじ
長い黒髪のせいで“貞子”とあだ名される黒沼爽子。
他人の嫌がる掃除なども積極的にこなす爽子だが、見た目のせいで気味悪がられ、なかなか友だちができない。
7月、クラスの人気者の風早翔太の提案で、肝試しに行くことに。
そこでお化け役を買って出た爽子は、吉田千鶴と矢野あかねというクラスメイトと仲良くなる。
そして、爽子が掃除する姿などをいつも見守っていた風早も、爽子を気遣って色々と話しかけてくれるようになる。

[ 2010/10/03 16:21 ] 映画 | TB(1) | CM(1)

バイオハザード IV アフターライフの感想

遅くなりましたが、バイオハザード IV アフターライフを映画館で見てきました。
DVDでいいかとも思ったのですが、やはり3Dで見たくて。

正直戦闘シーンはそれなりに迫力ありましたが、アバターを見たときのような3Dならではの驚きはあんまりなかったですね。
時間が短めの映画だったからそれほど疲れず良かったものの、こういうタイプの映画は、これからは2D版でもいいかなと思い始めています。

そして肝心の映画の内容ですが、予想通りというか、まあストーリーはあんまりありません。

東京から始まる、といっても、まあオープニングのおまけのような感じでしたし。
中島美嘉さんは、それなりの存在感はありましたけども、これからもこのシリーズに出てくるほどのポジションではないですしね。

話題提供のために、という程度です。

このシリーズって、やっぱりミラ・ジョヴォヴィッチさんが、コスチュームを着て暴れるところをかっこいいと思うかどうか、それを劇場まで運んでみるかどうか、というところにかかっていると思います。

今回の終わりからいって、まだ続編があるんだと思いますが、私は次回作はDVDでいいかなと。

期待はずれというほどでもないですけど、予想通りこんなものか、という感じでした。

映画バイオハザード IV アフターライフあらすじ
今度は東京からストーリーが始まる!!
ウィルス感染によって荒廃した世界。
生き残った人間を探し、世界中を旅するアリス。ウィルスに支配されないたった一つの安全な場所への手掛かりを得て、ロサンゼルスに向かったアリスたちが見たものは、何千ものアンデッドに埋め尽くされた街だった。
そこでは、わずかな人間たちが刑務所に隠れながら生き残っていた。
彼らを脱出させるために、危険な罠に足を踏み入れようとするアリス。
今、アリスとアンブレラ社の戦いは、次なるステージ(=アフターライフ)へ進み始める。

監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/ウェントワース・ミラー/アリ・ラーター
[ 2010/10/02 17:12 ] 映画 | TB(2) | CM(0)

ナイナイ矢部、相方・岡村の“復帰”と自身の“婚約”報道「全部ウソです」と否定

前回の報道とか、割と流していたと思うので、矢部さんが正式に否定するということは、本当に違うのでしょうね。
スポーツ紙が報じた岡村隆史の“10月復帰”と、青木裕子アナとの“婚約発表”の報道は、どちらも違うとなると、悪質ですよね、マスコミが。

どういう意図で報道したんでしょうね。

なんか岡村さんとか、休養の理由が理由だけに、そっとしておいてあげて、暖かく復帰を待ちたいですよね。

マスコミと芸能人って、もちつもたれつなのはわかるのですが、そこにマナーと愛情は欲しいですよね。

なんかそこの一線を越えてしまうとただの誹謗中傷になってしまい、そういうものは読者も求めていないんじゃないですかね。

ただ報じればいい、ただ目立つ見出しをかがげればいい、ということではないですよね。

モラルというか、プライドが欲しいですね、報道人としての。


ナイナイ矢部、相方・岡村の“復帰”と自身の“婚約”報道「全部ウソです」と否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000004-oric-ent

ダイエット日誌はこちら
[ 2010/10/01 22:30 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。