ドラマ オルトロスの犬 第4話の感想 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > ドラマ オルトロスの犬 第4話の感想ホーム > ドラマ > ドラマ オルトロスの犬 第4話の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラマ オルトロスの犬 第4話の感想

オルトロスの犬 第4話の感想 (2009年8月14日22:00~)

今日の放送ではついに榊社会厚生大臣(高畑淳子)が竜崎(滝沢秀明)の力により完治しましたね。

そして無罪放免になり、いよいよ自由を手に入れた竜崎。

これで彼が本当は何がしたいのか、少しずつ明らかになっていくのでしょう。

そして死刑の原因となった殺人も、実際に彼が手を下したわけではなかったのですね。

あのVTRがあんな内容だったとは・・・

となると、彼自身も好きでああなったわけではない、と。

利用されることに敏感なのは、過去に利用されていたから。

さて、いよいよ警視庁のお偉いさんの野心も前面に出てきましたね。

あんなことに部下をつかって、殉職させるなんて。

さすがに一緒にいたメンバーは何とも思わないのでしょうか。

いやー権力に取りつかれた人は恐ろしい・・・

来週も、権力と力、そして正義感がぶつかり合う回になりそうで、楽しみですね^^


オストロスの犬第4話あらすじ (TBS公式HPより)
http://www.tbs.co.jp/orthros-dog/story/story04.html
渚(水川あさみ)は娘・澪(熊田聖亜)の病室に竜崎(滝沢秀明)を呼び寄せる。澪の喘息を治してやろうか、と問う竜崎に、渚は手錠をかける。ところがそこに沢村(佐々木蔵之介)の部下たちが現れ、竜崎を連れ去っていく。沢村の前に連れてこられた竜崎。そこには榊社会厚生大臣(高畑淳子)がいた・・・。

一方沢村は碧井(錦戸亮)の力にも気づいていた。触れただけで殺すことの出来る力…。碧井の持っている力を具体的に知るため、沢村は碧井を狙う。
[ 2009/08/14 23:13 ] ドラマ | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/108-6588a79c

今回もタッキーは神出鬼没! いつの間にか隣にいるので要注意ですw 母親なら、なんだって差し出す・・・ 熊切勝(八乙女光)を逃がしち...
[2009/08/14 23:15] 空色きゃんでぃ
TBS「金曜ドラマ オルトロスの犬」ストーリー 渚はついに竜崎に手錠をかける。 これですべては終わった。 と誰もがそう思った、しかし竜崎は釈放されてしまう。 すべては警察の上層部の沢村、そして榊社会厚生大臣が仕組んだこと。 竜崎もそれは承知の上だと私は思
[2009/08/14 23:21] JAOの趣味日誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。