ドラマ オルトロスの犬 第6話の感想 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > ドラマ オルトロスの犬 第6話の感想ホーム > ドラマ > ドラマ オルトロスの犬 第6話の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラマ オルトロスの犬 第6話の感想

オルトロスの犬 第6話の感想 (2009年8月28日22:00~)

今回も竜崎(滝沢秀明)の能力が周りに与える影響力の大きさが、よくわかるエピソードでしたね。

渚(水川あさみ)が散々世話になった先輩刑事をも狂わせるとは・・・

そしてそこで竜崎から選択を迫られる渚。

本当に彼の力で治すことが幸せになることなのか。

誰のどんな病気も治すことができる能力、確かに夢のような能力ですが、これだけ周りを狂わせる危険な力でもあるわけです。

このドラマには竜崎の能力の翻弄された登場人物が多数出ていますが、竜崎自身もその能力に苦しめられてきたのかもしれません。

最近の放送では、単純に天使の手を持つ悪魔、と割り切れるほど悪役じゃないですよね。

彼が本当に手に入れたいものとは・・・

竜崎のまわりでいろいろな陰謀が渦巻くほど、彼自身が純粋に見えてきます。

来週以降も楽しみなドラマです^^

オストロスの犬第4話あらすじ (TBS公式HPより)
http://www.tbs.co.jp/orthros-dog/story/story06.html
渚(水川あさみ)に警察庁警備企画課への異動辞令が出た。沢村(佐々木蔵之介)の下で竜崎(滝沢秀明)の警備を担当することになったのだ。竜崎を監視下に置こうとする沢村。そんな時、竜崎が覆面の男に拉致される。一瞬の隙を作ってしまった渚だったが、覆面の男に心当たりがあった・・・。

一方、碧井(錦戸亮)に息子・勝(八乙女光)を殺されたと知った熊切社長(柴俊夫)は、現役閣僚に不正献金をしていたと発表する。会見を開き榊(高畑淳子)の名前をマスコミの前で出し、榊と沢村の裏切りに報復するつもりなのだ。沢村の命を受けた碧井は会見場にやってくる。
[ 2009/08/31 18:28 ] ドラマ | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/110-03ea6e77

あれ・・・タッキーに天使の羽根が生えてる(つд⊂)ゴシゴシ 天使で悪魔な竜崎臣司(滝沢秀明)のせいで、人生を狂わされていく皆! ...
[2009/09/01 13:16] 空色きゃんでぃ
ドラマ「オルトロスの犬」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:滝沢秀明、錦戸亮、水川あさみ、八乙女光、山本龍二、原田夏希、忍成修吾、波瑠、熊田聖亜、柴俊夫、六角精児、佐々木蔵之介、高畑淳子、他 *製作著作:TBS *プロデューサー:三城

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。