ニュースの感想 香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力” エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > ニュースの感想 香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”ホーム > ワイドショー > ニュースの感想 香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニュースの感想 香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”

香田晋さんが離婚とのこと。
結婚生活の問題って、もちろん本人たちにしかわからないことがほとんどでしょうし、外からは全然わかりませんが、離婚後、奥さんの母親と同居って不思議な感じがしますね。

旦那が引き取りながらも、子育ては奥さん側のお母さんにまかせるという不思議な関係。

夫婦の数だけ、結婚、離婚の数だけそれぞれの形がありますね。。。

しかし言葉の問題、離婚まで覚悟しても、治らないものなんですね。

結婚生活11年ということなので、短期間で離婚しているわけではないので、いろいろなことや努力はもちろんあったんだとは思いますが、結婚生活って本当に難しいですね。

全然違う環境で育ち、考え方も異なる他人同士が一緒に暮らすわけですからね。

香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000045-spn-ent
(yahooニュースより)
演歌歌手の香田晋(42)が16日、都内で会見し、8月中旬に元OLの夫人(35)と離婚していたことを明かした。原因は自身の「言葉の暴力」と言い、「かみさんに愛想を尽かされて」昨春に離婚を切り出された。子供2人の親権は香田が持った。仕事で家を空けることも多いため、夫人の母親(61)が同居して育児をサポートしているという。

 「仕事のストレスのはけ口がかみさんに向かってしまった。怒鳴ったり、優しくできなかったり…。そういう空気が子供たちに伝わるのは良くないと、離婚しました。僕が悪い」。努めて明るく振る舞おうとしたが表情は曇りっぱなし。「できれば(夫人に)帰ってきてほしいと思っている」と本音も漏らし、後悔の念をにじませた。

 音楽市場が不況で、特に演歌歌手にとっては厳しい時代が続く中、05年からフジテレビのクイズ番組「クイズ!ヘキサゴン」にレギュラー出演し珍回答を連発、おバカタレントとして人気になった。「バラエティー番組でわーっと明るく振る舞う分、家では疲れてしまって。そういう時に言葉の暴力が出てしまった」。夫人が用意した離婚届に判を押し、8月中旬に夫人が役所に提出した。

 00年には横浜市内にマンションを25年ローンを組んで購入。仕事で活路を見いだし、ようやく返済も軌道に乗ってきたと思われるタイミングで、くしくも大切な人を失ってしまった。

 長男(9)長女(7)の親権を持ったが「僕には両親も兄弟もいない。支えは子供。どうしても一緒に暮らしたかった」と説明した。両親は香田が2歳の時に離婚。とび職人だった父親は76年に工事現場で転落死。香田を引き取った母親は香田の歌手デビュー翌年の90年に急性すい炎で亡くなっている。

 複雑な家庭環境だったからこそ、子供たちへの思いは人一倍強い。義母との同居については「お母さん(義母)は僕の生い立ちを分かってくれて、同居を提案してくれました」とし、子供たちについては「離婚したことには何も言わなかった。気を使ってくれたんでしょうね」と話した。

 4月に発売した最新曲は「心のきず」で、「歌いづらいですよね」と苦笑した。それでも「この経験が歌の深みになれば」と前を向いていた。

[ 2009/10/17 11:25 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。