映画 エアベンダーの感想 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 映画 エアベンダーの感想ホーム > 映画 > 映画 エアベンダーの感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 エアベンダーの感想

映画エアベンダーを見てきました。
アバターを見たときも3D映画ってすごいなーと思いましたが、この映画も3Dの特徴をフルに生かした内容になっています。

その映像の迫力の前には、ストーリーも役者の演技もふっとんでしまいます。

シャマラン監督がこういう映画をとるのはちょっと不思議ですけどもね。

シックスセンスで知った監督で、ビレッジとかも見ているので、どんでん返しが好きな監督だなーというイメージですが、今回は、コテコテのアクションファンタジー。

そういう意味ではビックリですね。

これ以降はちょっとネタばれになるので、見てない人は、ここまでで。

終わり方なんですけど。

まだ大ヒットかどうかもわからないのに。

あの終わり方でいいんですかね?(笑)

続編というか、最初から2、or 2、3があるのが前提のストーリーですよね。

正直、登場人物たちはそれほど魅力的ではなかったので、キャラとかストーリーにははまりませんでした。

ただ映像がすごかったので、続編あれば映画館行きますけどもね・・・

そういう映画です。

エアベンダーあらすじ
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008412
(シネマトゥデイより引用)
気、水、土、火の4つの王国が均衡を保つ世界。
しかし、火の王国が反乱を起こし、人々の平和が脅かされる事態に。
気の王国の生き残りであり、気を操ることができる“エアベンダー”、アン(ノア・リンガー)に希望が託される。
しかし、彼が世界に調和をもたらすには、気、水、土、火の4つすべてを操る“アバター”を目指さねばならず・・・。
[ 2010/07/20 23:22 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/163-ae9d1067

映画「エアベンダー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ノア・リンガー、デヴ・パテル、ニコラ・ペルツ、ジャクソン・ラスボーン、ショーン・トーブ、アーシフ・マンドヴィ、クリフ・カーティス、セイチェル・ガブリエル、他 *監督:M・ナイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。