江川紹子氏「サンデーモーニング」を“正式に降板”とTwitterで明かす エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 江川紹子氏「サンデーモーニング」を“正式に降板”とTwitterで明かすホーム > ワイドショー > 江川紹子氏「サンデーモーニング」を“正式に降板”とTwitterで明かす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

江川紹子氏「サンデーモーニング」を“正式に降板”とTwitterで明かす

江川紹子氏「サンデーモーニング」を“正式に降板”とTwitterで明かすのニュースが。
TBS系情報番組「サンデーモーニング」で一番視聴率がいいのは、大沢親分と張本氏の2人が活!をいれるコーナーですから、張本氏の主張を聞き入れたということなのでしょう。

実際にそれぞれの主張、理由がまともにもかかわらず、共演者同士がもめ、どちらかをはずさざるを得なくなったときに、残したいほうを選ぶというのはわかるのですが、今回のは一方的かつ、陰湿な感じがするため、ネット上で騒がれているわけですよね。

もう少しクリアに説明してもらえればいいのでしょうが。

一定のお歳を召した方が、考え方を曲げられないのはわかるのですが、TBSがこういう形で対処するというのは、ちょっとあれだなーとは思います。

今回も江川さんが公開しなければ、うやむやで、よくわからないまま、番組から1人コメンテーターが減る、というだけのことだったと思います。

ところが、江川さんが岩隈選手についてコメントした部分が不快、との理由がもうヒドいわけですから、それにこういう対応を行うのは、やはりマスコミ以前に、大企業として、ある程度公(おおやけ)的な側面を持つところの正しい判断なのでしょうか。

それを堂々と一方的に行ってしまうところに問題があるように感じます。

せめてもう少し江川さに大して、誠意を尽くし、たとえばギャラ増額、出演場面増の上、別番組に移動とか、別の対応があったならそれはそれで揉め事が大きくなる前に、大人の対応をした、ということなんだと思います。

江川紹子氏「サンデーモーニング」を“正式に降板”とTwitterで明かす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100802-00000006-rbb-ent
(yahooニュースより引用)
TBS系情報番組「サンデーモーニング」内で野球評論家の張本勲氏と対立、番組を無期限休養していたジャーナリストの江川紹子氏が同騒動についてTwitterで発言。番組を“正式に”降板したことがわかった。

 Twitterで正式降板に触れた部分は、8月1日午前8時23分に書き込まれたもので、「張本さんがお出になっている間、私の復帰はない、とのことです。数日前、正式に通告がありました」というもの。番組を観ていたフォロワーからの「今日から8月ですが、まだ復帰しないんですか?」との問いに答えた。

 同氏は6月18日にTwitterで同番組の出演に関して書き込んでおり、「出演予定だった6月20日のサンデーモーニングにできなくなりました。5月23日の放送での私の言動について、張本勲氏が立腹し、江川を番組に出さないようTBS側に求めたためです。TBSは、張本氏の主張を受け入れ、私を出さない、と決めました。7月も同様の理由で出演できません」としていた。

[ 2010/08/02 20:45 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。