宇多田ヒカル、年内でアーティスト活動無期限休止へ「“人間活動”に専念 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 宇多田ヒカル、年内でアーティスト活動無期限休止へ「“人間活動”に専念ホーム > ワイドショー > 宇多田ヒカル、年内でアーティスト活動無期限休止へ「“人間活動”に専念

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇多田ヒカル、年内でアーティスト活動無期限休止へ「“人間活動”に専念

10代の早いうちから、音楽・芸能活動を続けてきたわけですから、メンタル的におかしくなる前に、今回の
宇多田ヒカル、年内でアーティスト活動無期限休止へ「“人間活動”に専念のような決断をするのは、いい決断だと思います。

もちろんファンの人にとっては、しばらく新曲を聴けなくなるわけですけども、また元気に音楽活動する姿を期待して待ちましょう。

早いうちから音楽・芸能生活をしている芸能人は、離婚も多い気がしますし、違う道の踏み外し方をする人も結構いるわけですよね。
子供のころからいろんなタイプの大人が近づいてくる、あるいはその年代の人は通常は感じないレベルの期待、プレッシャー、ストレスを感じたりするわけです。

そういう張り詰めたものとかを開放するためにも、休養するというのは、いいことだと思います。

健全なバランスを取り戻すまで、普通の生活に戻り、また自然と音楽がやりたくなったタイミングで復帰されるのがいいと思います。

宇多田ヒカル、年内でアーティスト活動無期限休止へ「“人間活動”に専念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100809-00000025-oric-ent
(yahooニュースより引用)
 歌手の宇多田ヒカル(27)が9日、同日付の自身のブログで年内をもってアーティスト活動を休止することを発表した。「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と宣言した宇多田は「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」とファンに呼びかけ、今秋には新曲も含めたシングルコレクションを発売することを明らかにした。

 1998年12月の衝撃デビューから12年。「15才からずっと音楽ばっかりやってきました」と振り返った宇多田は、「この12年間、アーティストとしては色んなことにもチャレンジしたし、少しは成長できたと思います。でもこれ以上進化するためには、音楽とは別のところで、人として、成長しなければなりません」との思いから「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います。新しいことを勉強したり、この広い世界の知らないものごとを見て知って感じて、一個人としての本当の自分と向き合う期間になると思います。それが結果的にはアーティストとして私の成長につながるはず」と今回の決断に至ったようだ。

 宇多田は『引退宣言』ではないとしながら、『休養』でも『充電期間』でもないと複雑な胸中も吐露。気持ちよく『人間活動』に突入するためにも、「今年いっぱいは、ぱ~っと音楽活動したいと思います!」と綴っている。

 なお、活動休止前の秋には、13thシングル「誰かの願いが叶うころ」(2004年4月発売)から最新シングル「Prisoner Of Love」(2008年5月発売)、配信限定シングル「This Is Love」を含む12曲に加え、新曲も収録した『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』を発売。「最近の私の気持ち、心境の変化が伝わるような、新曲たちになるように、がんばってレコーディングしてる真っ最中」だとしている。

 また、久しぶりのCM出演や、期間限定のツイッターでファンとの交流の場を持つプランも明らかに。「ファンのみんながこの私の決断をどう受け止めるかは、一人一人違うと思うけれど、私を信じて、待っててください」とメッセージを送った。

[ 2010/08/10 06:37 ] ワイドショー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。