ジュリア・ロバーツが初来日 記者に「トライ・アゲイン!」会見仕切りまくり エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > ジュリア・ロバーツが初来日 記者に「トライ・アゲイン!」会見仕切りまくりホーム > 映画 > ジュリア・ロバーツが初来日 記者に「トライ・アゲイン!」会見仕切りまくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジュリア・ロバーツが初来日 記者に「トライ・アゲイン!」会見仕切りまくり

ジュリア・ロバーツが初来日 記者に「トライ・アゲイン!」会見仕切りまくりのニュースを見て、初めて知ったのですが、ジュリア・ロバーツさん、日本でこれだけ主演映画が上映されていて、今まで来日していなかったのですね。
ハリウッドの俳優さんも、力を入れている作品では、結構来日しているイメージあったので、意外でした。

今まではよほど嫌だったのでしょうね。
今回初来日が実現したのは、どういう心境の変化なのでしょうか。

「食べて、祈って、恋をして」の予告は映画館で見ましたけど、ジュリア・ロバーツさんありきの企画のようで、彼女のプロモーションビデオのような印象を受けました。

いろんな文化に触れて、東洋の島国にも行ってもいいかな、という気になったんですかね・・・

しかしプリティウーマンから20年ですか。

もうそんなになりますか。

私ごとですが、初めて女の子と映画を見に行ったのが、プリティウーマンでした(笑)

懐かしいですね・・・

ジュリア・ロバーツが初来日 記者に「トライ・アゲイン!」会見仕切りまくり
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/429548/(izaより引用)
来日未経験のハリウッド女優として知られたジュリア・ロバーツ(42)が映画「食べて、祈って、恋をして」のPRのため初来日を果たし、18日に都内のホテルでプロデューサーのデデ・ガードナー氏と会見した。

 「フラッシュが多くて怖い。収まったら話すわ」
着席したロバーツは、開口一番こう言い放つと、フラッシュがやんだのを見計らって日本語で「コンニチハ」とあいさつした。

 「食べて、祈って、恋をして」は米作家、エリザベス・ギルバートの自伝的小説の映画化。ロバーツ演じるジャーナリストのエリザベスが、結婚6年目で離婚を決意し、すべてを捨ててイタリア、インド、インドネシアを巡る旅に出る。ルールは一つ、「旅の間は恋をしない、独り身を貫くこと」-。

 出世作「プリティ・ウーマン」の公開からちょうど20年目の今年、“来日処女”だったロバーツは「東京に来て素敵な人たちと巡り会えて幸せだわ」と語り、終始ご機嫌の様子。記者との質疑応答でも「男性にも質問させてあげて」と要求したり、写真を撮っていた男性に注意したりと独壇場。あげくには要領を得ない質問に「トライ、アゲイン(もう一度)!」と促す場面も。

 撮影中にヒンドゥー教に改宗したとの噂が流れたが、「誤解されて伝わっているようね。ママが22年前に『俳優は宗教や政治の話をするな』といったアドバイスを聞いておくんだったわ」と笑いながら否定した。
[ 2010/08/19 18:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。