世界の果てまでイッテQ! お年玉を世界のために使いたい!2009 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 世界の果てまでイッテQ! お年玉を世界のために使いたい!2009ホーム > バラエティ > 世界の果てまでイッテQ! お年玉を世界のために使いたい!2009

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界の果てまでイッテQ! お年玉を世界のために使いたい!2009

世界の果てまでイッテQ! お年玉を世界のために使いたい!2009 1月29日放送

普段珍獣ハンターイモトが頑張る企画はつい見てしまうのですが、今回はいつもの珍獣企画ではなく、ラオスの電気のない村に、発電用の水車を作る企画。

村人たちの笑顔、子どもたちの笑顔、最後のお別れのときの涙、どれも本物で、とても良い感動物でした。

結構力作で、いい企画なのに、今日の扱い、ちょっと短かったですよね?

無理やり出川哲郎の傘で飛ぶ企画と2本にしなくて、ラオスだけで良かったのでは。

むしろ2時間スペシャルのときでもいいような、ほろりとさせられ、なお映像でも楽しめる、いい企画だったのに、もったいなかった気がします。

電球、TV、氷、ラジカセ、
村人たちの感動の瞬間。

今の日本ではなかなか見られない、純粋な笑顔でした。

もちろんこの企画の前に、いろいろなしがらみとか、お金が動いたりとか、現地のコーディネーターが、とか裏側もあるでしょう。

でもこの番組で見れた現地の感動は、そのままダイレクトに伝わってきましたし、子どもたちの笑顔には、ほろりとさせられ、元気をもらえる何かがありました。
[ 2009/01/26 01:36 ] バラエティ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。