ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想ホーム > 映画 > ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想

映画、ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1を見てきました。
公開週だけあって、映画館はほぼ満席でした。
最近TVで過去のシリーズ作をやっているので、ちらっと見ましたが、あの頃と比べると、大人になりましたね、生徒達。最初の作品から約10年ですか。

そりゃ大人になるはずですよね。

これだけ長い作品になると、1作品だけの感想に意味があるのかはさておき、今回の作品も、ああ映像化するとこうなるのかーということ以上でも以下でもない感じです。

なんか戦闘シーンは、盛り上げようとしているのも、スピード感を出そうとしているのもわかりますけど、ちょっと見づらい感じで、迫力という点では今一歩でした。

まあ、本格アクション映画というわけではないので、OKですけどもね。

やはり原作のファンタジー小説を好きな人が、好きに楽しむ映画なんだなーとシミジミ感じました。

初期の作品のほうが、まだ一般の観客も相手にしている感じはありましたが、もう今は細かい説明をはぶいてますし、なんか原作を読んでないと、シーンの意味すらよくわからない場面が結構ありますよね。
一応映画版なんですから、そこは映画のなかでもちゃんと触れるか、説明がないならシーンそのものを省くかのほうがいいような気もしましたけどね・・・・

とまあ、ここまでちょっとひいた目で冷静な感想を書きましたが、私自身は十分楽しめましたし、もちろんPART2も見に行きます。

これだけ長いこと、コンスタントに小説の映画化という難しいテーマに取り組んで、予算をかけ、映画を作り続けてくれていて、毎回当たり前のように見ることができるというのは、嬉しい限りです。

子供の頃、本を読んで、その世界を想像して楽しんだことを思いだすと、今の子供達が、ハリー・ポッターを読んでワクワクし、そしてその魔法の世界をあんな映像で楽しむことができる。
あの世界での登場人物達が、あの世界の中でちゃんと歳をとって成長していて、物語を続けていてくれること。

たとえばクリントイーストウッド監督の重いテーマの感動作品や、ラブコメ映画、アニメ映画、それぞれまったく違う良さがあるなかで、同列に、ストーリーに中身がないとか、恋愛心理描写が弱いとか、アクションシーンがいまいちだとか、比べるのは簡単ですが、この作品の魅力はそういうことじゃないんです。

本でワクワクした子供・大人が、その本の世界から飛び出した人物達を映像で見ることができる、これこそが、この映画の魅力なんです。

たとえPART1の最後が中途半端な場面で切られていても、大きな盛り上がりの場面が、PART1にはなくても、気にしません、気にしません、気にしません・・・・

映画、ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1のあらすじ
(goo映画より引用)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD16648/index.html
ついに守ってくれる人も、導いてくれる師も失ったハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ヴォルデモートを倒す道をさぐり始める。
そのためには、ヴォルデモートの魂を7つに分けて収めた“分霊箱”すべてを探しだし、破壊しなくてはならない。
すでに2つが破壊されているので(『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』)、残る分霊箱はあと5つ。
死喰い人の追跡から身を隠しながら、分霊箱の情報を集めるハリーたちだったが…!?
[ 2010/11/21 23:57 ] 映画 | TB(5) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/246-53ac4fe9

11月19日公開の映画 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」を鑑賞した。 この映画はハリーポッターシリーズ第7弾で死の秘宝に関する謎を ハリーポッターが仲間と共に追手から逃げながらも 謎に迫っていくストーリーである。 いよいよ最終章となるPART1はフィナ
 『ついに、完結へ。』  コチラの「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」は、ついに最終章へと突入した、史上最強のファンタジー・シリーズの第7弾となる11/19公開のアドベンチャー・ファンタジーなのですが、昨夜早速レイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪前作はIMAX
[2010/11/22 06:12] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』からおよそ9年という長い月日を経ていよいよ第七作目、最終章の第一部を迎えました。第三作目までは原作小説を先に読んでいたし映画はちょっと子供っぽい味付けのような気がして私自身そんなに盛り上れてなかったんですけど未読の
[2010/11/22 09:53] カノンな日々
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆物語も画面もひたすら暗く、まるでホラー映画。ハリーら3人の真の友情が試される。 【60点】 17歳になり、魔法学校の最終学年7年生になったハリー。親友のロンとハーマイオニーと共に...
分霊箱。四次元バッグ。自由な妖精。
[2010/11/23 21:34] 悠雅的生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。