水嶋ヒロ KAGEROU 読んでみました。  エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 水嶋ヒロ KAGEROU 読んでみました。 ホーム > > 水嶋ヒロ KAGEROU 読んでみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

水嶋ヒロ KAGEROU 読んでみました。

水嶋ヒロさんの KAGEROU、早速読んでみました。
なるほど、読みやすく、まったくの素人とは思えないとは感じました。
ただ、正直、何かの賞をとったり、10万部以上売れる小説だとは思えませんでした。

作品の中につらぬかれているメッセージも、最後の終わり方も、矛盾があって深く感動できませんでしたし、最後まで、グイグイとひきつけられ、一気にひきこむような展開力もありません。

終わり方はネタばれになってしまうので詳しくかけませんが、小説の主題となるテーマが2つ意見がわかれています。読後、皆様の感想を読んだところ。
それも狙ってそう書いたというよりは、どちらも矛盾が出てしまい、どちらともとれない良さ、みたいなものもない、という状況。読後感、あまりよくないですよね・・・

俳優さんが書いた、と言われれば、趣味の小説、一般の人より良くかけていると思いますし、私自身が、この作品以上の小説を書ける自信もありません。

きっと審査員もそう感じたんだと思います。

もしも、本当に審査員、出版社が自信があれば、発売後、世の反響がある程度でるまでシークレットにしたのではないでしょうか。

ある程度話題になって、その才能に世の中の注目が集まった頃、実は水嶋ヒロさんでした、と発表することのインパクト、かっこよさ、といったら最高ですから。

その出版社の見識、名前を隠した志、すべてがプラスにはたらいたでしょう。

そこまでの作品ではない、と出す側も見切っていたところに、この作品の限界がみえるんだと思います。

ただ、この作品が世に出た1作目ですから、今後水嶋さんには、今まで芸能界で活躍されただけの努力、才能を生かし、今後も小説の世界で努力を重ねれば、次回作はもっと良くなるんだと思います。

この後の活躍を期待するとともに、今回の作品には、正直に残念賞を渡したいと思います。

設定はそれほど悪くなかったと思います。
ただ、情景とか、人物の描写表現には、明らかに違和感を感じる表現がまざっており、あのあたりは編集者とのやりとりでなんとかならなかったのでしょうか・・・



水嶋ヒロ「書いてよかった」…追加注文殺到!KAGEROUパニック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000024-sph-ent
[ 2010/12/16 23:01 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。