スリムクラブと明暗…笑い飯、M-1優勝後も仕事は「例年どおり」 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > スリムクラブと明暗…笑い飯、M-1優勝後も仕事は「例年どおり」ホーム > TVその他 > スリムクラブと明暗…笑い飯、M-1優勝後も仕事は「例年どおり」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スリムクラブと明暗…笑い飯、M-1優勝後も仕事は「例年どおり」

最後のM-1王者となった笑い飯、一応深夜の冠番組は始まりましたが、仕事の急激な増加は、純優勝のスリムクラブに集中とのニュースが。
そりゃそうですよね。先日のブログにも書きましたが、明らかにスリムクラブのほうがおもしろかったですからね。
審査員は票がわれ、僅差で笑い飯となりましたが、ここまでずっと決勝に残り惜しかったから、笑い飯にあげるか、という理由でいれた審査員の票ですからね。

スリムクラブは実際に自分たちの漫才で爪痕を残したわけですから。

前にノンスタイルよりもオードリーのほうが売れたりしたことがありましたが、今回はもっとインパクトが違うでしょうね。

笑い飯は、性格がきつい感じで、毒吐きキャラ。
一般受けはそれほどしないですし、ひな壇芸人として愛されるタイプでもない、となると出番は限られますよね。

スリムクラブと明暗…笑い飯、M-1優勝後も仕事は「例年どおり」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110107-00000311-oric-ent
(yahooニュースより)

最後のM-1王者となったお笑いコンビ・笑い飯が8日、大阪市内で『M-1グランプリ2010』優勝後、初の冠番組『笑い飯の視聴率グーン↑』(関西テレビ)の収録に参加した。優勝効果で「こういう番組をやらせていただきありがたいです」(西田幸治)という一方で、実際の“恩恵”は2月末までスケジュールが真っ黒という準優勝のスリムクラブに集中。優勝翌日こそ寝る間もなく働いた笑い飯だが、2日目からは「フツーになりました。今のところ例年どおり」(哲夫)とM-1バブルはあっという間に終わってしまった。

[ 2011/01/09 11:57 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。