映画ノルウェイの森 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 映画ノルウェイの森ホーム > 映画 > 映画ノルウェイの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画ノルウェイの森

映画ノルウェイの森を遅くなりましたが見てきました。
ずっと行こうとは思っていたのですが、この時期になっちゃいました。
映像がきれいな映画なので、人間ドラマですが、映画館で見る価値はあると思いますが、男女の仲のはかなさみたいなものが、ピンとこない人には微妙な映画だと思います。

村上さんの原作もそうですから、忠実といえば忠実ですね、世界観とか結構あっていると思います。

大ヒット小説の映画化って、元々の世界観みたいなものを壊しちゃっている作品も結構あると思うので、そういう意味では頑張っていると思います。主演の松山さんも、イメージどおりです。

いままで映画化されてこなかったのに、このタイミングで映画化されるっていうのはどうなんでしょう。
海外で日本の小説家が評価されることはうれしいのですが、村上さんの作品って、日本を代表する、というような特徴、長所がある小説なのか、私にとっては微妙です。面白いですけども、日本を代表すると言われると違和感があるというか。

そういう意味で、この映画も、結構な国数で公開されるということなので、こういう映画が日本の代表作だと思われるのも微妙だなと。

一恋愛映画、だと思えば問題ないですが、海外に見せる日本映画、と言われると微妙です。監督も違いますしね。

ドラマを映画化したような作品が増えている現状では、海外に持って行けるコンテンツが少なくなっているのかもしれませんが、もっと日本の長所、オリジナリティを生かした作品に、世界にはばたいてもらいたいですね^^

[ 2011/01/13 07:42 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/282-78101253

1987年に発表され、社会現象にもなった村上春樹のベストセラー「ノルウェイの森」を映画化。監督は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のトライ・アン・ユンが務める。主人公ワタナベに松山ケンイチ、ワタナベと心を通わせる直子に菊地凛子、他にも水原希子、高良健吾...
[2011/01/13 15:53] LOVE Cinemas 調布

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。