塔の上のラプンツェルの感想 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 塔の上のラプンツェルの感想ホーム > 映画 > 塔の上のラプンツェルの感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

塔の上のラプンツェルの感想

ネットでの評判がやたら良いので、塔の上のラプンツェルを見てきました。
グリム童話の1つで、「髪長姫」と呼ばれているラプンツェルを主人公にしたディズニーアニメ映画です。
不思議な力を持つ髪をもっており、切ってしまうとその力が失われてしまうため、切らずに伸ばし続け、驚くほど長い髪を持つラプンツェル。

その力のせいで、物心ついたときから塔の外に出たことがないラプンツェル。

それがふとしたきっかけで、盗賊の青年が塔に立ち寄ったことにより、冒険の旅へ。

彼女の外の世界が開けていく様子が、3Dの美しい映像で展開されていきます。

正直にいうと、ストーリーは予告をみただけでほぼわかってしまう内容です。

それでも最後まで飽きさせず、楽しんでみることができたのは、登場人物、キャラクターたちの魅力と映像の美しさでしょうか。

こういうちゃんと作られているアニメ、素晴らしいですね^^

ディズニーの底力を見た気がします。

しかし姫様を助ける泥棒って、日本がほこる最高のアニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」を思い出してしまいますね(笑)

あの映画との違いは、最後2人がどうなるか。

あれはあれで、そしてこれはこれで、両方とも私が好きな終わり方です^^
[ 2011/04/22 23:49 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/320-715438e0

ディズニー長編アニメーションの第50作目で、グリム童話に登場するラプンツェルを映画化。若さと健康を保つ彼女の魔法の髪を巡り繰り広げられるファンタジー・アドベンチャーだ。監督は『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で務める。日本語吹替え版...
[2011/04/23 01:02] LOVE Cinemas 調布

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。