映画「7つの贈り物」 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 映画「7つの贈り物」ホーム > 映画 > 映画「7つの贈り物」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画「7つの贈り物」

映画「7つの贈り物」、重く、悲しい映画でしたね・・・

ネタばれしないように書くのも難しいですが、予告を見ていればなんとなく雰囲気はわかると思います。
そう、ただ重いのです。

そしてその重さ・悲しさには、深さがあまり感じられませんでした。

どうしてもしっくりこないし、納得できない。

ウィル・スミスの演技に救われている映画ではありますが、逆に言えばそれしか見所がありません。

これをもってW・スミスの新境地を開く という記事のタイトル、ちょっとなーとは思います。

途中でうすうすわかるラストも・・・

期待した分、ちょっと残念な映画でした。

ただ悲しすぎる映画を見たい人にはいいのかもしれません。私もこれだけ不満言いながらも涙は出ました・・・

W・スミスの“新境地”開く 映画「7つの贈り物」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/225383/
ハリウッド俳優、ウィル・スミスが、派手なアクション大作とは一線を画す人間ドラマ重視の映画作りに挑む際、真っ先にパートナーに指名する監督がいる。イタリアの気鋭、ガブリエレ・ムッチーノ監督。コンビデビュー作「幸せのちから」から3年ぶりのコンビ復活となった新作「7つの贈り物」(公開中)について、ムッチーノ監督に聞いた。(戸津井康之)

 《海辺の豪邸に1人で住むベン・トーマス(スミス)。彼の手には7人の名前が書かれたメモがある。このリストを基に彼はそれぞれ贈り物を届ける計画を練る。その意図は。彼の正体とは…》

 “子連れホームレス”の米国人男性が起業し、大企業の社長となる実話を描いた「幸せのちから」のヒットで2人の信頼関係は強固なものに。「ヒットが大前提のハリウッド界ではタブーとも言える地味なテーマだったから、私たちにとって挑戦でした。が、大ヒットし、新作へのチャンスが開けた」とムッチーノ監督が明かす。

 もちろん2人は新作でも“人間ドラマ路線”を追求する。スミスは演技力のみで作品を成立させるこのスタイルに「エイリアンも出てこないし、爆発も特殊効果もないので正直怖い」と打ち明けた。しかし、ムッチーノ監督は「撮影中の5週間ずっと一緒に過ごし二人三脚で役作りをした。ベンの人格はふだんのスミスとは明らかに違うが彼はどんどん役に近づき、やがてベンになり切っていた」と語る。
[ 2009/02/24 20:28 ] 映画 | TB(14) | CM(2)

こんばんは、トラックバックありがとうございます。
やっぱり、一番は毒クラゲが腑に落ちませんよね…。

時間の空いたときなどにまだ遊びに来てください♪
[ 2009/02/24 23:26 ] [ 編集 ]
こちらこそありがとうございます。
たしかに腑に落ちませんね・・・

こちらからもおじゃましますー^^

> こんばんは、トラックバックありがとうございます。
> やっぱり、一番は毒クラゲが腑に落ちませんよね…。
>
> 時間の空いたときなどにまだ遊びに来てください♪
[ 2009/02/26 13:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/44-c67d2ae8

公式サイト。原題:Seven Pounds。ガブリエル・ムッチーノ監督、ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー。原題のpoundってどういう意味かなと考えたら、どうも保管所とか収容場という意味のようだ。つまり、人生の...
感動作のふりをしているが、中身は、神の真似事をする不愉快な物語だ。心に傷を負ったベンは、見知らぬ男女7人に彼らの人生を変える贈り物をする。ネタバレは禁止なので詳しくは明かせないが、主人公は、善人に対し善行を施すのが目的。だが“選ぶ”などという行為がそも...
おも~い、おも~い、贈り物{/m_0072/} 人助けも、ここまでくれば究極。 オッサンコーナーに登場させたばかり、大好きなウィルの新作という事で楽しみにしていた今作。 賛否分かれた『幸せのちから』の監督、ガブリエレ・ムッチーノとの再タッグによるウィル主演にしては...
映画「7つの贈り物」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソン、他 *監督:ガブリエレ・ムッチーノ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブロ...
芸達者ウィル・スミスの最新作。監督は、こちらもウィルの感動の作品「幸せのちから」でメガホンを取ったガブリエレ・ムッチーノ。どちらも、ウィルの演技力を試すような内容の作品になっていますが、ウィルは、その期待に見事に応えています。 さて、先にも「幸せのちか...
[2009/02/25 21:50] 勝手に映画評
□作品オフィシャルサイト 「7つの贈り物」□監督 ガブリエレ・ムッチーノ □脚本 グラント・ニーポート □キャスト ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■...
[2009/02/26 12:36] 京の昼寝~♪
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で1本。 ウィル・スミス主演作はハズレなしと確信してるので、 アンジーの「チェンジリング」より、こちらを優先。
☆・・・『チェンジリング』(クリック!)を観てからというもの、あまり他の映画への興味がなくなってしまったのだが、誘われたし、リハビリ(^^;)もかねて、観に行った。  予告編を見ると、どうやら感動作らしいし、数人しかいなかった館内の、斜め後ろに座ってい...
「7つの贈り物」★★☆ ウィル・スミス主演 ガブリエレ・ムッチーノ 監督、アメリカ、123分、2008年 「事故で7人の命を奪った後悔から その償いをしようとする主人公、 気持ちは分かるが、 もっと別の方法がいいな、 救いが無さ過ぎる」 見終わって...
[2009/03/08 11:07] soramove
☆「7つの贈り物」 (原題:SEVEN POUNDS) 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソン、エルピディア・カリーロ、ロビン・リー、ジョー・ヌネズ、ビル・スミトロヴィッチ、テ
JUGEMテーマ:映画 2009年2月21日 公開 ★★★☆☆ 気持ちは分かるがちょとキツイ 星3っつ! あなたに~あげる 私をあげぇるぅ~ (by西川峰子) にわかにネタバレしちゃってますごめんなちゃい♪ うぅ~ん、そういうことなのね。 ...
SEVENPOUNDSあなたなら、受け取れますか?彼は【ある計画】を進めていた。7人の他人を選ぶ。そして、彼らの人生を変える。何のために──?上映時間123分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/02/21ジャンルドラマ【解...
[2009/03/16 01:07] CinemaCollection
 あなたなら、受け取れますか?彼は【ある計画】を進めていた。7人の他人を選ぶ。そして、彼らの人生を変える。何のために──? 近年ではジャンルを問わず出演作がメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」の1人だそうです。“アイ・アム・レジェンド”、
[2009/03/22 16:23] 銅版画制作の日々
暗~い顔をしたウィル・スミスが終始いました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。