読売テレビ、「鳥人間コンテスト」休止 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 読売テレビ、「鳥人間コンテスト」休止ホーム > TVその他 > 読売テレビ、「鳥人間コンテスト」休止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読売テレビ、「鳥人間コンテスト」休止

最近見てませんでしたが、子どもの頃好きで見てました。
この不景気で製作費見直しで終わってしまう番組増えてますが、製作費をかけて丁寧に作っているまともな番組ほど終わってしまうのは残念ですね。

読売テレビ、「鳥人間コンテスト」休止
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/213083/
読売テレビは16日、全国放送されている人気番組「鳥人間コンテスト選手権大会」を今年、全社的な番組制作費見直しの一環で休止すると発表した。

 番組は昭和52年に始まり、自作の人力飛行機で飛行距離と飛行時間を競う内容。読売テレビによると、参加者の安全な飛行のため大掛かりなセットや救助システムを組んでおり、予算削減を理由に安全面を軽視できないためという。平成22年は開催の予定。


鳥人間コンテストを子供のころに見ていたのがきっかけで、理系を志す学生が結構いたと思うので、こういう番組が終わってしまうのは日本にとってどうなのでしょう。

まだまだものづくりが日本の経済の大きな柱なわけで、それを担う若い人を増やす可能性がある番組の一つだと思います、鳥人間コンテストって。
他のロボット系の大会とか、NHK系の番組でやっていたりもしますが、お茶の間になじみが深いのは、こちらでしたよね。

残念です。
[ 2009/01/16 20:40 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。