トライアングル #01  エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > トライアングル #01 ホーム > ドラマ > トライアングル #01 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トライアングル #01 

トライアングル #01 2009.01.06 ON AIR の感想

江口洋介主演のドラマを見るのはいつ以来でしょうか。
関西テレビ開局50周年記念ドラマの冠をひっさげ、良質で豪華キャストの見ごたえのあるドラマになっています。経費節減のこのご時世、こういうドラマは貴重です。

パリ、上海、日本を舞台に、クセのある登場人物達が繰り広げるサスペンスドラマ。

1回目の放送から、裏がありそうな人物達が次々登場することにより、ひきつけられます。

何しろ皆怪しい(笑)

プロデューサーのインタビューによれば、タイトルのトライアングルには
パリ―上海―日本という三つの舞台
過去―現在―未来の時間
本当の自分―誰かの代わりの自分―真犯人
というようないろんな三角形の意味が含まれているそうです。

今後の展開が楽しみな作品です。

作品あらすじ 関西テレビ公式HPより
http://ktv.jp/triangle/about.html
初恋の人が殺された。
1984年1月、小学4年生の女の子が学校からの帰り道で誘拐、殺害された。
学校では事件の直前「1/2(にぶんのいち)成人式」を行ったばかりで、その少女は10年後の自分にあてた手紙を読めないまま短い生涯を終えたのだ。
主人公・郷田亮二は、初恋の少女、葛城佐智絵を救えなかったトラウマに縛られたまま、別の事故で死んだ兄の代わりに医者としての人生を生きていた。
佐智絵の事件が未解決のまま時効を迎えたことをきっかけに、本当の自分に気づく。
―誰かの代わりの人生など歩めない。俺は俺の人生を生きる―
亮二の人生が少しずつ動き始める。
[ 2009/01/07 21:10 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。