アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 映画の感想 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 映画の感想ホーム > 映画 > アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 映画の感想

映画 アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン の感想
いやー 予告であらすじや主要な場面を流さなかった理由が、見てよくわかりました(笑)

残虐なシーン、メインストーリーの乏しさ、キャラの心理描写の微妙さ、映像のアート度合、
どれも何だかなーという感じ。

久々に映画館でガックリしました。

まだ公開されてそれほどたってないのにガラガラだった理由もよくわかりました。

キムタク、どのドラマや映画で見ても、同じような演技でしたが、今回は頑張ってました。

しいてみどころをあげればそれぐらいでしょうか。

私は特に彼が好きなわけではないので、見どころらしい見どころはなかったです・・・

残念

スタッフ
監督: トラン・アン・ユン
音楽: レディオヘッド / グスターボ・サンタオラヤ
製作: フェルナンド・サリシン / ジャン・カゼ
製作総指揮: ジャン=ピエール・マノワ

キャスト
ジョシュ・ハートネット
木村拓哉
イ・ビョンホン
トラン・ヌー・イェン・ケー
ショーン・ユー
イライアス・コティーズ
[ 2009/06/13 21:17 ] 映画 | TB(6) | CM(1)

TB有難うございました。
説明が少なく、シーンもかなりぶち切り状態なので
自分でそのシーンを様々な断片を追いながら
構築していくため、非常に疲れました。
最後まで監督の意図が分からなかった(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
[ 2009/06/21 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://geinou2009.blog73.fc2.com/tb.php/72-4bd3333c

苦痛ゆえの美しさ・・・
[2009/06/13 22:33] 悠雅的生活
各国を代表する“美しい男”たちが、かつてない演技で魅せる__いままで見た事のない美しい男たちの競艶! 物語:ある男が失踪した。手がかりは、名前と年齢、数枚の写真だけ。彼の名はシタオ。他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという不思議な力を持つ。 彼の父...
原題:I COME WITH THE RAIN公開:2009/06/06製作国:フランスPG-12上映時間:114分鑑賞日:2009/06/07監督:トラン・アン・ユン出演:ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー、イライアス・コティーズ男たちの運...
[2009/06/14 12:02] 映画鑑賞★日記・・・
'09年、フランス原題:I Come with the Rain監督・脚本:トラン・アン・ユン製作:フェルナンド・サリシン、ジョン・カゼ、ジャン=ピエール・マノワ音楽:レディオヘッド、グスターボ・サンタオラヤジョシュ・ハートネット  クライン木村拓哉  シタオイ・ビョンホン
[2009/06/15 14:59] レザボアCATs
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」★★★ ジョシュ・ハートネット 、イ・ビョンホン 、木村拓哉 出演 トラン・アン・ユン 監督、2009年、114分、フランス                                 ★映画のブログ★         ...
[2009/06/16 21:03] soramove
日韓米のイケメン俳優たちが共演。 女性陣にとっては珠玉の喜びになるはずだった・・・
[2009/06/21 19:48] 気ままな映画生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。