矢沢あいさんが急病―『NANA』長期休載の可能性も エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 矢沢あいさんが急病―『NANA』長期休載の可能性もホーム > TVその他 > 矢沢あいさんが急病―『NANA』長期休載の可能性も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

矢沢あいさんが急病―『NANA』長期休載の可能性も

漫画家矢沢あいさんが急病とのこと。
お大事になさってください。

私が初めて矢沢あいさんの作品を読んだのは20年前にりぼんで連載されていた、「マリンブルーの風に抱かれて」でした。

それからの読者なので、主な作品はだいたい読んでます。

そして私が初めて少女漫画泣いた作品「天使なんかじゃない」
不朽の名作です。

NANAは映画化もされ、話題になりましたが、私は矢沢あいさんの作品のなかでは一番天使なんかじゃないが好きです。

今連載中のNANA、過去と未来が交互に出ながら、展開しているのですが、しばらく休載とのこと。

回復されて、また連載を再開されるのを楽しみにしています^^


矢沢あいさんが急病―『NANA』長期休載の可能性も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000013-oric-ent
人気漫画『NANA-ナナ-』『ご近所物語』などの作者として知られる漫画家・矢沢あいさんが、急病のため雑誌『Cookie』26日発売号から、連載中の『NANA-ナナ-』を休載することを同編集部が発表した。具体的な病名等は明かされていないが、編集部は「矢沢先生は数か月の治療、安静を必要とするため、次号9月号以降も休載を予定しています。どうか、ご了承頂きますようお願い申し上げます」としている。

 主人公の大崎ナナの恋人だった本城蓮が亡くなるという衝撃の展開を迎えた『NANA-ナナ-』。最愛の人を亡くし、茫然自失となるナナだったが、もう1人の主人公・ハチこと一ノ瀬奈々ら仲間の協力により、立ち直りを見せていた。クライマックスに向け、物語の続きがますます気になる中、作者である矢沢さんの急病が明らかになった。

 同編集部は公式サイトで「今月号の『NANA』は、矢沢あい先生急病のため、休載とさせて頂きました。楽しみにお待ちしておりました読者の皆様には、心よりお詫び申し上げます」と陳謝。今後も治療が必要で、連載再開のめどは立っていないが、決まり次第『NANA』公式ホームページで明らかにされる。

 矢沢さんは、1985年『あの夏』で漫画家としてデビュー。 以降、『天使なんかじゃない』『ご近所物語』『下弦の月』『NANA-ナナ-』などヒット漫画を連発。2005年および2006年に公開され、中島美嘉が主演を務めた映画版『NANA』も大ヒットを記録した。

[ 2009/06/29 20:42 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。