スポーツ エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > カテゴリー - スポーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本勝利! アジア杯 日韓戦

サッカーアジアカップ、日本対韓国PK戦で勝利!
やりましたね、おめでとうございます。
延長戦後半の最後の最後で追いつかれたときは、ダメかと思いましたが、川島頑張りましたね^^

日本、PK戦制し決勝進出!韓国破る/アジア杯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110126-00000503-sanspo-socc

審判の笛が厳しい試合でしたが、日本代表の若者達、たくましく戦いましたね。

本田のキープ力、きいてましたね。
長友のスタミナ、あれだけ走れて、ここぞというときにあがれるサイドバック、私が今まで知っている日本代表のサイドのなかでNo1じゃないでしょうか。
岡崎の献身的プレイ、ボールのチェイス、ゴール前での突破、ヘディングの競り合いどれも闘志を見せてくれていましたね。
前田も攻守にがんばってましたね。
途中交代の細貝も、本田がPKはずした場面、良く狙ってましたね、走り出しのダッシュが素晴らしかったです。

そして最後のPK戦での川島。

見所がたくさんある試合でしたね。

次は決勝戦。楽しみですね^^
[ 2011/01/26 01:10 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

本田圭、ヒヤヒヤPKに「危なかった…」/アジア杯

1時と遅い時間でしたが、サッカー日本代表アジア杯 日本VSシリア戦、TV観戦しました。
前半はいい形もちょこちょこありましたが、あまり香川選手が機能していなかったですね。

やはり真ん中に入ってこないと、持ち味を生かせていないというか。

本田選手のキープ力は高いレベルで発揮されていましたね。

後半、かなりしんどい状況に追い込まれましたが、無事勝ててよかったです。

PKのシーンは、やはり今のメンバーだと遠藤さんに任せるほうが安心な気はします。

記事タイトルになっているように、本田選手のPK、結構あぶなかったですよね(笑)

これで予選ブロックはあと1試合、今2敗中のサウジ。

予選突破が見えてきましたね。苦戦しながらも無事勝ててよかったです。

ザッケローニ監督も、アジアの厳しさを学んだのではないでしょうか。

勝ちながら学べて、若手も経験をつめて、いまのところ順調だと思います。

ガンバレニッポン!

本田圭、ヒヤヒヤPKに「危なかった…」/アジア杯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110114-00000507-sanspo-socc

本田圭、PK決勝弾!日本、2-1でシリア破り勝ち点「4」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110114-00000504-sanspo-socc
[ 2011/01/14 12:06 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

日本、ロスタイムに劇的同点弾!ヨルダンと分ける/アジア杯

ザックジャパン公式戦初戦である、アジア杯ヨルダン戦。
厳しい戦いでしたね。

やはりセンターバック2人の不在は痛かったですが、吉田選手、この1戦はいい経験になったでしょうね。

一番期待している香川選手は、今日いまいちでしたね。

時折前に行く姿勢はありましたし、トラップとかはきれいにとめてましたけど、肝心なところでの精度が悪かったような。コンディションがあまり良くなかったのでしょうか。

内田君は、効果的な攻め上がりが随所に見られましたし、キレてましたね。

長谷部キャプテンは惜しい走りこんでのシュート。香川選手のキーパーと1VS1 のどちらかが決まっていれば試合展開は3-1か4-1ぐらいにはなったでしょうね。

やはりアジアでは日本はひいて守ってカウンターという、日本が欧州、南米とやるときにやるようなことを、逆の立場でやられるわけです。

中継後の矢部っちFCでも言ってましたけど、2人のパス交換ではなく、3人目がどうからんでいくか、どう組織的に攻めるか、というのはまだまだ改善点が多いなと感じました。

若いチームでのびしろがまだまだあると思いますので、頑張ってもらいたいですね^^

日本、ロスタイムに劇的同点弾!ヨルダンと分ける/アジア杯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110110-00000500-sanspo-socc
[ 2011/01/10 00:44 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

箱根駅伝復路、瞬間最高35・7%

箱根駅伝、今年は往路復路ともに、放送時間の8割がた見ちゃいました。
早稲田と東洋大学のデッドヒート。5区の柏原君の快走、早稲田の堅実な逃げ切り、転倒後の奮闘。

見所の多い箱根駅伝でした。

全体のタイムも記録更新というスピードレースでありながら、棄権が出なかったのもよかったですね。

最後まで優勝がわからない展開でしたし、高視聴率もうなづけます。

私も今年は今までで一番見たと思います。

駅伝って、普段学生スポーツとしてはマイナーなほうなのに、この箱根駅伝だけはこの高視聴率。

すごいですよね。

必死にたすきをつなぐ若者達のすがすがしさを見て、新年を迎える、という習慣が定着しているのでしょうか。

早稲田大学、優勝おめでとうございます。

箱根駅伝復路、瞬間最高35・7%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110104-00000262-yom-ent
(yahooニュースより引用)

日本テレビ系で2日と3日に中継された「第87回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝)の視聴率(関東地区)は、2日の往路が25・1%、3日の復路が29・5%だった(4日、ビデオリサーチ社調べ)。

 往路と復路の平均視聴率は27・3%で、歴代8位を記録した。瞬間最高視聴率は復路の午前9時2~3分の35・7%だった。

[ 2011/01/04 14:51 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。