TVその他 エンタメ日々更新

エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメントしていきます。

ホーム > カテゴリー - TVその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伝説の番組「あいのり」復活!12月から

伝説の番組「あいのり」復活!12月から
おおーついに復活ですか。しかし地上波デジタルのフジではなく、CSのフジテレビTWOなんですね。
これみるのには、スカパー経由で申し込むとかしかないんですかね?

見たいんですけど、別にほかの番組見るわけではないので、有料だと辛いんですよね。

なんだかんだ好きな番組で、10年近く見続けていたこともあり、復活するなら見たいんですけど、CSでとか本当に姑息で気分悪いですね。

地上波でひきつけて、続きは有料って、そもそも既得権益の地上波の使い方を間違ってます。

あー 気分悪い。

伝説の番組「あいのり」復活!12月から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100813-00000000-sanspo-ent
(yahooニュースより引用)
 地球を旅する「ラブワゴン」が帰ってくる! 昨春に終了したフジテレビ系人気番組「恋愛観察バラエティー あいのり」が復活することが12日、分かった。12月25日から、CS放送のフジテレビTWOで「恋愛観察バラエティー あいのり2」(隔週土曜夜)のタイトルでスタート。男女7人が「ラブワゴン」に乗って、世界各地を貧乏旅行しながら恋愛を育むルールは健在。今回は何組のカップルが誕生するか!?

 婚活ブームの昨今、がっつり恋したい視聴者のラブコールが、人気恋愛バラエティーを早くもよみがえらせた。

 1999年10月から昨年3月まで放送されたフジテレビ系「あいのり」は、男女7人が「ラブワゴン」と呼ばれる車に乗り込み、真実の愛を探す恋愛ドキュメンタリー。

 普通の若者がドキドキでマジ告白する恋愛模様が人気を呼び、9年半も続いた長寿番組に成長。平均視聴率は午後11時台の放送枠としては異例の15・3%を記録し、02年2月18日には最高視聴率20・4%を叩き出した。

 同番組から誕生した“人気キャラ”も多数。 06年に出演し、「総理」の愛称で親しまれた弁護士の横粂勝仁氏(28)は昨夏の衆院選で小泉進次郎議員(29)の対抗馬として民主党から出馬し、比例で当選。また、主題歌に起用されたI WiSHのデビュー曲「明日への扉」も大ヒットし、音楽でも“あいのり現象”が起きた。

 92カ国、地球2周分の恋愛旅では44組のカップルが誕生し、そのうち8組が結婚。現在の婚活ブームを牽引した番組だけに、放送終了後も公式HPは月間平均550万PVを超えるアクセスを記録。昨年12月にCSで「あいのり同窓会SP」を放送するやいなや、「続きが見たい」と視聴者からの声が殺到し、「あいのり2」の放送が決まった。

 同番組は恋人たちにピッタリな12月25日のクリスマスにスタート。ルールは変わらず、旅の最後に告白してOKならキスして一緒にラブラブ帰国。フラれたら1人で傷心帰国となる。

 また、前回は久本雅美(52)、今田耕司(44)、ウエンツ瑛士(24)が司会を務めていたが、「-2」では恋の行方をたっぷりと見せるため、MCは置かず、旅の様子や恋や友情に揺れるメンバーのトークで盛り上げる。

 “続編”はどこの国でどんな恋愛が巻き起こるるのか、新たな胸キュンに乞うご期待!
[ 2010/08/13 23:04 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

「いいとも!」前説、視聴者数8300人超え!

番組の前説を動画で公開って、斬新ですよね。
「いいとも!」前説、視聴者数8300人超え!
私も、若いときに何度か、いくつかの番組の観覧席にいたことがありますが、前説は非常に新鮮で、面白かったのを覚えています。

ひとつはさんまさんの番組で、当時の前説は極楽トンボでした。

実際に小ネタで会場をあっためてました。

どうせステージもカメラもある環境なので、これからもこういう企画、増えるかもしれませんね。

今までも、そんなに売れていない若手芸人にとっての登竜門のような場所だったと思いますけど、そこが中継されることにより多くの芸人さんにとってチャンスになりそうですね。

「いいとも!」前説、視聴者数8300人超え!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100719-00000507-sanspo-ent
 フジテレビ系の人気バラエティ「笑っていいとも!」が19日、Ustreamで前説を配信。視聴者数が8300人を超えた。

 番組の前説はこれまで公開されることはほとんどなく、インターネットで“生中継”するのは異例の取り組み。いいともAD隊のクルット&ハリーが、恒例の掛け声「そうですね」やテレフォンショッキングの「100分の1アンケート」のスイッチテストなどで盛り上げた。

 番組開始前から4000人以上が待機していたが、11時50分の開始から次第に視聴者が増え、終了間際の12時前には8300人を超えた。配信は23日まで5日連続で行われるが、公開初日、そして普段は見られないテレビ番組の前説ということで興味を持った人が多かったようだ。
[ 2010/07/20 07:04 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

選挙特番、視聴率民放トップは日テレ

ニュースのタイトルは選挙特番、視聴率民放トップは日テレになっていますけど、一番評価されるべきは、テレビ東京の9.3%じゃないでしょうか。
TBSよりも、フジよりも、テレビ朝日よりも高い数字。
おそらく予算やTVカメラ数でもハンデがあるなかでの数字。

やはり池上彰さんの、わかりやすい語り口と、ポイントを抑えたインタビュー。

そして毛嫌いされない人柄。

キャスターには何が必要か、ひとつのいい事例なのだと思います。

私もいろいろ見比べた結果、テレビ東京を見てました。

テレビ東京、アド街、WBS以外の番組見るの久しぶりでした(笑)

ちなみに、日本テレビが、島田紳助氏、村尾信尚氏
TBSが堀尾正明
フジがに安藤優子さん&高島彩アナ コメンテーター木村太郎氏
テレビ朝日が、古舘伊知郎と赤江珠緒さんという顔ぶれ。

選挙特番、視聴率民放トップは日テレ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000607-san-pol
(yahooニュース)
テレビ各局が11日夜に放送した選挙特番で、関東地区の視聴率(ビデオリサーチ調べ)はNHKの「参院選2010開票速報」(午後7時55分~65分間)が18.8%でトップだったことが12日、分かった。

 民放各局では、日本テレビ「ZERO×選挙2010 第一部」(午後7時58分~122分間)が9.7%で首位。2位以下は、TBS「乱!参院選2010 第一部」(午後7時57分~93分間)が9.2%、フジテレビ「FNN踊る大選挙戦2010」(午後7時58分~92分間)が8.2%、テレビ朝日「選挙ステーション2010 第二部」(午後10時~90分間)が9.1%、テレビ東京「池上彰の選挙スペシャル」(午後9時~84分間)が9.3%だった。(いずれも関東地区)
[ 2010/07/12 21:05 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

スペイン、延長戦制し初の栄冠…1─0オランダ

3時半に目覚ましかけて、見ましたワールドカップサッカー決勝戦。
スペイン、延長戦制し初の栄冠…1─0オランダ
後半、オランダのロッベンがキーパーと1VS1になったときは、決まったと思いましたが、足でよくはじきましたよね。
カシージャスだと思いましたが、カシリャスなんですね、ニュースの表記。

スペインのパスサッカーは、これからのサッカーのトレンドになっていくかもしれませんね。

しっかり守って、カウンターという、バルセロナがインテルに負けてからの流れが、また変わると良いですね。

やはり、華麗な攻撃に特徴のあるチームのサッカーは見ていて面白いですから^^

朝から選挙結果のニュースに、サッカーのニュースにと、TV局は今日も大忙しですね(笑)

スペイン、延長戦制し初の栄冠…1─0オランダ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000114-yom-spo
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会最終日の11日(日本時間12日未明)、決勝のオランダ―スペイン戦は、延長後半の116分にイニエスタのゴールで決勝点を奪ったスペインが1―0でオランダを破り、初優勝を果たした。

 2008年9月から公式戦25戦無敗だったオランダは、1974年、78年大会に続く3度目のW杯決勝で初の頂点を狙ったが、今回も涙をのんだ。

 前半は互いに慎重な試合運びとなった。スペインは12分、右からのクロスを受けたビリャが左足でボレーシュートを放ったがサイドネットへ。オランダは18分にスナイダーがFKから直接ゴールを狙ったが、GKが正面でキャッチした。

 後半に入り、オランダは62分、スルーパスに抜け出したロッベンがスペインGKカシリャスと1対1になるが、カシリャスの好セーブに阻まれて絶好機を逃した。

 ロッベンは83分にも中央を突破してゴールに迫ったが、ここでもカシリャスが飛び込んでボールをキャッチした。

 延長戦に突入した95分には、今度はスペイン・セスクがオランダGKステケレンブルフと1対1の決定機を迎えたが、ステケレンブルフが絶妙な飛び出しで防いだ。

 オランダは延長後半の109分にハイティンハが2枚目のイエローカードを受け、10人での戦いとなった。

 スペインは116分、セスクからのラストパスをペナルティーエリア右で受けたイニエスタが、右足でボレーシュート。ボールはゴール左隅に突き刺さり、試合終了間際の劇的な決勝点で初の栄冠を手にした。




 試合は前半から荒れ模様の展開となり、両チーム計14枚のイエローカードが乱れ飛んだ。主審の支援や選手交代などを行う第4審判員は、日本の西村雄一氏が務めた。
[ 2010/07/12 07:04 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)

早朝からデンマーク戦 サッカー日本代表

ワールドカップサッカー日本代表予選リーグ三試合目、対デンマーク戦。

朝3時に起きてスタンバイ。

起きたかいのある試合でした。

ニッポンバンザイ。

オランダ戦はあまり存在感のなかった本田ですが、この試合では輝いていました。

1点目のフリーキック。

先制したことでチームとしてリラックスして戦っているように見えました。

もちろん気持ちは入っていたので、足も動いていたとは思いますが。

そして遠藤の2点目。

3点目は本田が突破し、自分でもシュート打てそうなところを途中出場の岡崎にパスし、ゴール。

途中パスもつながり、今後の日本代表に期待の持てる攻めのシーンを見ることもできました。

結果も出して、チームの雰囲気もいいんだと思います。

来週の決勝トーナメントも期待できる内容だったと思います。

オシムさんが倒れて、もうだめだと思っていた日本代表を、またこれだけ期待してみさせてもらって、楽しませてもらっていることに感謝します。

ガンバレ日本!
[ 2010/06/25 07:21 ] TVその他 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。